2019.03.05 (火)
順峯
GR033009

 夜練ランは1000-200を10本。急走区間平均は4:10/kmだった。週末の疲れがやや残っている。急走なのかジョグなのかよくわからないペースで1000m走って200m休んでを繰り返した。初めからジョグ12kmにしておけばよかったな。その後は補強がっちり目。日中は16度まで上がり夜の気温は10度だった。半袖短パンでも暑くてつらい。もう2~3週間もすれば桜が咲くらしい。もうそんな季節か。桜といえば吉野だ。大峯奥駈道を今度は熊野から入って吉野に抜けたい。ゴールで桜満開っていうのがやりたい。調べてみると吉野の桜の見頃は4月半ばらしい。今年は雪が少ないから4月半ばには毎年恒例の春スキールートは終わっていそうな気がする。山スキーからハイキングに切り替えたら春の一発目の足慣らしにやるか大峯奥駈道順峯を。この前奈良に閉じ込められたとき、翌朝伊賀に出勤出来た。なので金曜夜移動熊野泊、土日で順峯を駆け抜けて日曜夜に奈良泊、月曜朝に伊賀へ移動すれば有給を使わず土日で大峯奥駈をやれるはずだ。金曜定時上がりで伊賀から熊野まで行けるのか?調べてみよう。

2018.11.05 (月)
大峯奥駈道 3日目(熊野本宮-那智)
GR031637

 今日は時間に余裕があるので3時起床の4時出発。たっぷり眠ったつもりが寝たりなかったのか朝から眠いが行くしかない。外はさすが標高100mもないので暖かい。短パン長袖で暑いくらいだった。

GR031645

 今日は熊野古道中辺路。前回那智から小口まで歩いているので半分くらいは知っている道だ。今日も頭を空にしたり考え事をしたりしながらのんびり歩く。CTは0.60を超えているのんびりっぷり。だって眠たいんだもん。平日だがぽつぽつ人がいた。半分以上が外国人だった。

GR031655

 3日目は恐ろしく写真がない。しっかり9時間行動だったはずなのだが、ずっと森の中だったので。写真は少ないが景色は悪くなかった。何度も書くがこの辺の山には絶景は無いがどこを歩いてもじわじわと良い景色が広がっていて楽しい。もし北海道に帰ったら「山スキーやるにはまだ雪が足りないが、どこの山も微妙な雪」というこの時期に飛行機に乗って大峯奥駈をもう一度やりたい。その季節は毎週羊蹄、毎週フッタルでもいいけどさ。たまにはね。

GR031663

 あまりにゆっくり歩きすぎたのと途中で昼寝タイムを取ったので時間に余裕が無くなってきた。13:03那智駅発の電車を逃すとすべての公共交通機関がうまく噛み合わなくなる。13:03那智駅発で帰れば18時に名古屋に着く。しかしこれを逃すと名古屋の到着は20:49になる上に高速バスでなくJR特急利用になるので2,800円余分にお金がかかる。

GR031667

 無事電車に乗れた。時間に余裕があったらそのまま海岸まで歩いて海水を舐めたかったが仕方ない。その後は新宮駅で高速バスに乗り名古屋へ。名古屋から伊賀までバスで帰ってきた。よく考えたら名古屋まで行かなくても名張や柘植方面の電車に乗った方が移動距離に無駄がない気がするが、名古屋-伊賀のルートは毎回利用していて頭を使わなくて良いので遠回りだがこうなった。

GR031658

 3日間の山旅が終わった。明日から仕事だ。大峯奥駈道は素晴らしく良かった。南アルプスを思いっきり駆け抜けた時と同じくらい楽しかった。またやりたい。次にやるならこの前も書いたが「金曜に半休取って熊野へ移動、土日を使って吉野へ抜ける」だな。計算してみるとやっぱり初日は深仙小屋に泊まることになりそうだったが、これなら2連休半で済む。桜の季節にできるだろうか

2018.11.04 (日)
大峯奥駈道 2日目(深仙小屋-熊野本宮)
GR031549

 外は雨。屋根をパタパタ雨が叩く。週末はガッツリ晴れると踏んできたのに聞いてないよ。そんなことを言っても歩かなければ帰れない。こっそり朝ごはんを食べてカッパを着込み、2時半に小屋を出た。本降りではないか。下界に雨予報は出ていない。標高を下げれば止むだろうか。

GR031554

 雨はどうってことないが霧が濃くて登山道が全然見えなかった。しかもアップダウンが緩やかで木々も少なく方角を見失いやすい。かなり慎重に、この区間はCT0.70くらいで歩いてきた。3時間ほど歩くと東の空が明るくなって気づけば雨は上がって霧も晴れていた。地面は乾いていて昨晩降った様子もない。1,500mより上だけだったようだ。こんなことなら昨日のうちに頑張って標高の低い小屋まで頑張ればよかった。

GR031561

 2日目はカラッと晴れた。目的地の熊野本宮まで下り基調ではあるが相変わらず凄まじいアップダウンだ。1,700mの深仙小屋から59mの熊野本宮まで落ちていくだけのはずが、この日も3,000m登ることになった。どうかしている。

GR031575

 今日は全くと言っていいほど登山者に会わなかった。15時間も行動していたのに登山者に会ったのは香精山の団体のみ。ここが南奥駈か。人が全然いないからといって登山道が荒れているということは無く、静かで気持ちの良い山道だった。

GR031582

 途中で玉置神社を通る。ここはクルマで来れるので普通の人がたくさんいる。水の残量が心もとなかったので、どこか水を汲めそうなところを探したところ手水を見つけた。飲めるのかどうかよくわからないが龍の口から出ている手水を分けてもらった。大丈夫だろうか、バチが当たらないか心配だ。水は美味しかった。

GR031601

 その後もアップダウンは続く。今日も15時間近く歩いているが常に樹林なので景色は代わり映えしない。遠くに新しい山が見えるようになったとか、そういうのは無い。二日間ひたすら歩いた。仕事や人生のこと、これからのこと、山のこと、いろいろ考えながら歩いた。時には何も考えずに頭を空にして歩いた。僕にはこういう時間が必要だ。山を歩きながら色々なことを考える時間が自分にとってはとても大切だ。ペダルを回し続けている時もそう。息を吸って水を飲んで、血液を回して筋肉を動かしていると、大きな問題だと思っていたことがちっぽけな問題に感じたり、すごい解決策が浮かんだりする。きっと山へ行かないと仕事も生活も何もかも上手くいかなくなる。

GR031606

 こんなにどっぷりと修験道の山に入ったのは初めてだった。今まで歩いていた北海道の山や日本アルプスとは違って独特の雰囲気がある。色々と考えることが出来る良い山行だった。生まれた時から一度も大きな怪我や病気をしたことが無く健康で、こんなに途方もない150kmという山道を3日間で歩けるほど身体が頑丈だ。丈夫な身体っていうのは今まで僕が積み上げてきた唯一の財産であって、これからも大切にしていかなければならないよなあと。今まで全く考えたことのないことに感謝したりしていた。

GR031614

 アップダウンを繰り返しながらも確実に標高は落ちていく。太陽が山の向こうに隠れた17時ちょうどに熊野川に辿り着いた。大峯奥駈道のハイライトは熊野川の渡渉だ。最近雨は降っていないので水量は多くない。裸足になって熊野川に入り、じゃぶじゃぶと向こう岸に渡って熊野本宮まで歩いてお参りした。明日も中辺路が待っているが、一応大峯奥駈道はこれで完結した。良い修行だった。

GR031634

 その後は真っ暗な本宮の街を歩いて川湯温泉にある旅館、”大村屋”へ向かった。一泊夕食付き6,700円とリーズナブル。最近全然酒を飲んでいないが今日ばかりはビールを飲んでみた。うめぇ。一杯目は失神するくらい美味かった。が、お腹がパンパンになるので一杯で十分だった。美味しいご飯と美味しいお肉で幸せになり、アルコールも一瞬で回ってバタンと眠った。明日は中辺路を通って那智に抜けるだけだがしっかり40kmある。頑張ろう。

2018.11.03 (土)
大峯奥駈道 1日目(吉野-深仙小屋)
GR031477

 2時半に起きる予定だったが2時にガバッと目が覚めたので予定より30分早く宿を出た。朝食は西大寺で買った大福を2個。つぶあんなんだよなぁ〜。忙しくて全然ルートの予習ができなかったので何が出てくるのかわからない。ワクワクする。最初の1~2時間は普通の市街地だった。結構奥の方まで人が住んでいて電柱が立っている。「ここから先は大峯奥駈道です」という看板が出てきた。いよいよ始まった。

GR031488

 先週の時点でしばらく晴れが続く予報だったが曇りに変わっていた。まあそんなもん。雲が低くてなかなか朝が来ない。月曜日が休みなので今回は3連休だ。大峯奥駈道は吉野と熊野本宮の間の山道を歩く。この区間の標準CTは60時間弱なのでCT0.55~CT0.60くらいで歩けば2日間で行ける。しかし下山後その日のうちに自宅まで帰るのが難しかったので3日間必要だった。

GR031490

 しかし吉野-本宮を3日間で歩くには時間を持て余す。というわけで熊野本宮から那智まで”熊野古道 中辺路”を歩いて3日間の計画にした。3日目の中辺路は9時間で歩けるので昼過ぎには那智に着いて電車で自宅まで帰ってこれる。

GR031499

 今回はモンベル#1やZ-Liteなど寝具を充実させてきた。食事も火を使うものを持ってきた。いつものRUSH28には入らないので今回はBUDDY33で。荷物が重たいとさすがにCT0.55は出なかった。3日間の平均は0.57くらい。獲得標高を計算せずに出てきたので歩き終わってから標高を確認すると3日間で9,000m近く登っていて驚いた。2,000mを超える山は一つもないがアップダウンが激しい。まるで日高の尾根のようだ。

GR031505

 天気はまずまず。もっとスカッと晴れるかと思いきや雲が出ている。高い山にはガスがかかっていたが、少し下るとガスは晴れて再び青空に。暑すぎず寒すぎずちょうど良い季節だった。この辺を歩くなら春か秋。春は花が楽しめるが虫がいる。秋は花は咲いていないが虫がいないのが良い。

GR031485

 山上ヶ岳のまわりには本当に女人結界があった。厳しいところだ。

GR031544

 今日の宿泊地は大峯奥駈道の中間地点にある深仙小屋(じんぜんごや)にて。僕を含めて4人だった。頑張れば8人くらい入りそうだが4人くらいが広く使えてちょうどよい。僕より先に来ていた男性は疲れた様子だった。聞くと今まで熊野古道を歩いてきて最後に残った大峯奥駈に初挑戦した。山の経験は無いようだった。遊歩道な熊野古道からいきなり大峯奥駈道の山登りを始めるなんてすごいステップアップだ。明日無事に下山できるか少し心配だったが、同泊の他の2人と下山ルートが同じなので一緒に降りるということで話がまとまった。よかったよかった。

2018.11.02 (金)
大峯奥駈道 0日目
GR031540

 帰りのバス移動中、眠くなかったので興奮が冷めないうちに気合を入れてヤマレコを書いた。久々の大作になった。flickrの写真もぜひ。書きたいことはだいたい書いてしまったので日記に書くことがあんまり無い。

GR031468

 金曜は定時ダッシュで帰宅し電車を乗り継いで吉野へ。以前からやりたかった大峯奥駈道をやろう。バスで一旦近鉄奈良駅へ向かい大和西大寺に戻って乗り換え、橿原で吉野行きの特急に乗り換えた。このルートは一旦北上する上、帰宅ラッシュの奈良市街地を渋滞に巻き込まれながら進むので無駄だった。次回やるなら伊賀上野駅から木津川、または名張駅から橿原へ向かう電車に乗っていこう。とは言っても再び吉野スタートで大峯奥駈をやるかどうかは微妙だ。

GR031469

 大きな山は自宅の北側にある。なのでクルマでルートの南端へアプローチし、北へ抜けて電車で南に戻ってくるルートをとることが多い。北までクルマを走らせて南向きに縦走するのは滅多にやらない。南向きは逆光が眩しく写真を撮るのがつらいのもある。なので僕は可能な限り南から北、東から西へ向かうルートを取るようにしている。もし来年も大峯奥駈道をやるなら南から入ろう。問題は「仕事が終わった後どうやって熊野まで移動するか」だな。丸一日休むのはもったいないから素直に午後半休を取ろう。

GR031470

 吉野行きの特急はスカスカで吉野まで乗っていたのは僕だけだった。今日は民宿素泊まり。先週までガッチリ冷え込んでいたのでステーションビバークは辛いだろうと宿を取った。しかし今週はぽかぽか暖かくて余裕のSTB気温だった。まあ明日の行動はハードだ。温かい布団でしっかり休もう。吉野は静かでクルマの通る音は全く聞こえない。星が綺麗で素敵なところだった。いつか桜を見に行きたいが人混みはつらい。夜明け前にサッと行ってサッと帰るのが良いかもしれない。自転車で行くとか。

2018.10.13 (土)
熊野古道 大雲取越
GR030985

 熊野古道を歩きにきた。自宅からそう遠くはない。高速道路も無料の区間が多いので財布のダメージも少なくアクセスは良好。しかし標高が低いので暑い。夏はとてもじゃないが歩ける山域ではないので涼しくなるのを待っていた。

GR030990

 大門坂駐車場にクルマを止めて夜明けと同時に出発。石畳は薄い苔が張り付いていてヌルヌル滑る。普通の靴で観光に来た人は大変だろう。

GR031000

 坂を登ると那智大社へ。出発の標高は海抜80mくらいだが今日は大雲取という標高900m弱の峠を超えていく。街道歩きのように見えて結構登る。

GR031007

 那智大社を抜けると気持ちの良い山道が延々と続いている。今年は台風が多かったので倒木や枝がたくさん落ちていた。土砂崩れて通行止めになっている道もあって迂回路が作られていた。予定より40分多く歩くことになったが問題なし。

GR031021

 気温は20度くらい。涼しくてちょうどよかった。雲の隙間から日が差すと暑くて汗が吹き出す。

GR031069

 すれ違う人はほとんど外国人だった。下山後に地元の人に話を聞くと外国人が訪れるようになったのはほんの最近のことらしい。

GR031141

 下山後は再び那智大社に戻って近くて那智の滝を見学した。上の方は逆層になっている。この滝を登ってみたいと思う人たちはすごい。

GR031147

 その後は大門坂を下ってクルマに戻ってきた。熊野古道はすっげぇ楽しい!!というわけではないがじわじわっと楽しい道だった。いつかは奈良の吉野から熊野まで抜ける"大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)"を2~3日間で抜ける遊びをやってみたい。GWあたりが良さそうだが暑くて虫が多くてつらいかもしれない。今の時期に2~3日の有給を獲得してやるしかないな。伊賀に住んでいるうちにやりたいが出来るだろうか。