//flickr Exif
2017.04.13 (木)
トリプルフランジ

GR021260  イヤーピース(イヤホンのスポンジ)が劣化してきたのか、shure掛けケーブルのコシが無くなってきたのか、耳の穴が広がったのか。原因は不明だが最近耳の穴からイヤホンがよく抜けるのでイヤーピースを交換した。評判の良い三段キノコを試してみた。そのままだと耳から飛び出すので"茎"を自分好みの長さに切って使うモノらしい。ウレタンのイヤーピースより耳から抜けにくくなって満足。遮音性は素晴らしい。「オーディオは身体に近いところから強化していくべき」という格言があるようにイヤーピースの変更は効く。この三段キノコは上位のモデルには標準で付いているということはメーカーもトリプルフランジをオススメしているのだろうか。下位モデルにも付けるべきだと思うがコストとの兼ね合いもあるのだろう。
 SE215−SPEは僕が購入した時はなぜか13,000円近かったがここ最近は10,000円ちょっとに下がった。ちょっと良いイヤホンを探している人にオススメ。耳栓としての性能が極めて高い。全く音漏れしないところも良い。以前出張ラッシュの時に機内に忘れたことがあった。航空会社に電話すると見つかったとのことで次の出張の時に空港で受け取ったというドラマがある。あの時は「紛失した。仕方ないから次はダイナミック型を買うしかないな!!」と思ったが見つかったのでまだまだBA型で頑張っていこうと思う。移動中や作業中などかなりの頻度で使う道具なのでもっとお金を掛けてもいい。壊れたら次は上位モデルがいいな。

2017.04.12 (水)
羊蹄山麓に吉野家きたれ

GR20170411  久々にラマイ。ISO16000とか初めて見た。ラマイ暗すぎ。
 最後に行ったのは去年の9月で半年以上ご無沙汰だった。あの日はドイツへ行く前日だった。「今、日本で食える一番美味い料理」ということで気合入れて食べに行ったのだ。今日もMライスがキツかった。もう900gライスは食えない。初めてラマイに行ったのは2008年、函館桔梗店ができてすぐだった。もう9年も通っているのか。ここのスープカレーに慣れてしまうと他のお店のスープカレーに馴染めなくなる。牛丼屋みたいなもん。函館で一人暮らしを始めて自宅から徒歩3分圏内にあった吉野家にはお世話になった。吉野家で育つと他の牛丼屋へ行った時に「違うな」と感じてしまう。美味しいんだけどね。松や、すき屋、吉野家が3店並んでいたら迷う事なく吉野家に入る。

 そういえばここ最近下山後の食事にこだわらなくなった僕らはしばしば「羊蹄山麓に吉野家あったら最強だよな」と話している。サクッと羊蹄スキーを楽しんだ後は真狩温泉で温まってパパッと吉野家でお腹を満たして帰る的な。喜茂別セブンら辺に広い駐車場付きでどうだろう。この辺のメシ屋は営業時間が短かったり週末は並ぶので「いつでも開いててサクッと食える」という安定感は需要があると思う。トラックドライバーの休憩にも。老後は喜茂別で吉野家フランチャイズオーナーやるか?

2017.04.11 (火)
道道46号


 朝練バイクは40km弱. 今日も朝練コースを確定させるべく北広島をうろうろしていた。道道46号江別恵庭線は広くて信号が無くて舗装も良くて快適だ。しかし周回コースは組めないし登坂ではない。
 だったら北の基点を野幌運動公園、南の基点をセイコーマート北広島北の里店にして、この間7kmを何往復もするのはどうだろう。この前「平坦で追い込めない」と書いたが今日は頑張って平地でもがいた。"16呼吸もがいて16呼吸休む"を続けてHRは170bpmまで上がった。思い起こせば滝野真栄では登りはみんな大人しいのに真栄の下りで爆発するので、僕にとっては登りより下りの方がキツかった。平坦で追い込めないのは気持ちの問題だった。
 そんなわけで当面のバイクトレは平坦直線でインターバルをやることにした。今日は170bpmを出せたので次は171bpmを出そう。少しずつ高強度の回路を開放して地力を上げたい。去年もシーズンはじめは180bpmまで上がらなくて苦労していたようだ。ある程度脚が無いと180bpmまで上げるのは難しい。「道道46号でHR180bpm出す」というとてもわかりやすい目標ができたので頑張ろう。

 帰宅後がっちり補強。バイク朝練のやる気が出てきたのに水木と天気が悪いので今日のうちに脚を使い切っておいた。これで明日は安心して休める。最近「明日心おきなく完全休養するために今日頑張る」という変なモチベーションの上げ方を覚えた。

2017.04.10 (月)
【GARMIN】プレミアムハートレートセンサ 2型

GR021252  胸巻き心拍計に戻ってきた。昨年はGarminの光学式腕巻き心拍計vivosmartHRを使っていた。これは電池が半日しかもたなくて、本気ライドの途中で電池が切れてしまった。今年は一泊ツーリングもするので夜に充電が必要なアイテムを一つでも減らしたい。胸巻き心拍計はワンシーズン電池交換が必要ないのが良い。旧モデルから大きく改良されていて、肌に当たるセンサが2箇所から4箇所に増えている。精度が高そうだ。
 寒くなると肌が乾燥するためデータが取れないのが難点だが、ハイシーズンの暖かい時期は特に不具合なく使える。インターバルでガツンと心拍数が上下したときは光学式より電極式の方がレスポンスが良く正確なデータを取れる。光学式へのシフトは電池もちと反応が改良されるまでしばらく見送ろう。

 話は逸れるが心拍計とイヤホンは体内に直接埋め込みたいと常々思っている。仮に年に一度切開して電池交換する手間があったとしてもぜひやっていただきたい。どこかにそんなサイバネティックマッドドクターはいないものか。

2017.04.09 (日)
砂川アップルパイライド

GR021226  路面は濡れているが昼前には乾くだろうと家を出た。行き先はホーム厚田。江別発だと当別が近くて良い。最短で275号に出るルートをようやく覚えたのでスムーズに275号に出て当別ローソンで曲がればあとは道なりに。気温は5度くらいだと思うが厚着してきたので問題なかった。

GR021229  青山の登りはあっという間に終わった。去年もシーズン1回目の厚田で同じことを書いている。もしかしたら山スキーで板を履いて歩く筋肉は坂でペダルを踏み込む筋肉と似ているのかもしれない。青山くらいの斜度の坂がちょうど良い。このくらいの「ちょっと気合い入れてやらないと進まないが、ちょっと気合い入れるだけですいすい進む斜度」が一番気持ち良い。何を言っているかわからないと思うが、僕も何を書いているのかよくわからない。

GR021233  天気が良いので浜益まで行こう。今日は自動二輪もたくさん走っていた。ロードバイクにも4人会った。みんな長かった冬から解放されて春を満喫している。今日も残念ながらルートが同じ方向で脚も同じくらいで即席トレインなんていう展開にはならなかった。

GR021235  浜益に向けて走っているとこれからちょうど山に登り始める団体が居た。時刻は9時頃。このくらいの時刻に出発すると雪が緩んで快適な滑りが楽しめるのだろう。写真では見えないが里から見る浜益御殿は真っ白でとても気持ち良さそうだった。暑寒もそろそろ除雪されるだろう。

GR021243  浜益セイコマで一休みしたら再び道民の森から帰るのがいつものルートだが、今日は砂川へ寄り道してアップルパイを食べていくことにした。先日食べたばかりだがまた食べたくなったので仕方がない。浜益から砂川までは70km近くあった。今日は全然補給食を食べなかったが体はよく動いた。そんなに飛ばしていないからだろう。

GR021246  アップルパイを買ったあとは近くのコンビニで牛乳を買って昼過ぎのおやつタイム。日差しが暖かいのでレッグウォーマーを外して生脚解禁。やはりロードバイクは短パンに限る。ペダルが軽くなる気がする。12号は信号が多いので適当なところで右折して275号に戻り、広い直線道路を流して帰ってきた。

GR021247  雪解けが進んでシマシマになった樺戸の山が美しい。今シーズンは師匠に借りたパナチタンで走っている。師匠が僕のために整備して無期限貸出してくれた。ホイールまでイイのを合わせてくれた。TCRとは特性もポジションも異なるのでたくさん乗って「この自転車を進ませるための力の入れ方」のようなものを積み重ねていかなければならない。フレームの感想は2,000kmくらい乗ったら書こう。今日一日乗ってみた感想としては冬の間のブランクがあるのでTCRとの違いがよくわからない。これ。

 本日のルート。アップルパイ食べたり海で日向ぼっこしたりのんびりしていた割にはしっかり25km/hを維持できたので上出来だ。寒いので6時出発としたがもう少し早く出てもよかった。今日の距離で膝や腰など間接に痛みは出なかったのでポジションはこのままいじらない方が良さそうだ。そろそろ輪行を試してみたい。自宅発で片道300kmならかなり遠くまで行ける。今までの「スタート地点に戻ってこなければならない」という枷を外してルートを組める。どの駅を終着にするか。わくわくする。

2017.04.08 (土)
真の完全休養

GR021216  のんびり9時起床からのスーパー銭湯へ。サウナ水風呂で1時間くらい汗を流した後は白石秀岳荘へ。初めて開店待ちをした。別にこれといって買う必要のあるものは無いが、時間に追われずのんびり秀岳荘を歩くのは楽しい。通勤で使っているルーファス8がゴツゴツして扱いにくいので、もっと四角くてストラップやファスナーが少ないものがいい。BDのビービー11を買いそうになった。セールの時に買いにくるかと思ったが、セールは人がいっぱいいて大変なので今のうちに買っておくんだった。10%といっても500円くらいだし。今度近くを通ったら買おう。冬山用品は縮小され夏山用品が広くなっていた。夏の山へ行きたくなる。
 それからJINSで「度入り調光サングラス」を作った。14,000円だった。これまで夜明け前からサイクリングを始める時はメガネでスタートし、明るくなったらコンタクト+サングラスに変えていた。夜明け前からサングラスは辛いので。この手間を解決するために調光グラスが欲しかった。30分で出来た。調光性能を試すのが楽しみだ。
 それからCDをどっさり借りてきた。近所のツタヤはいつも旧作10枚1,000円。「今度借りに行くリスト」が10枚溜まるまで借りに行くことが出来ずにいた。ケチな男だ。ようやく10枚になったので借りにいった。返却した後は近くのコーヒー屋で久々に音楽プレーヤーのプレイリストの見直しをした。新曲が出るたびにひとつのプレイリストに突っ込んでいくのでプレイリストが肥大化してえらい事になっている。これを見直すのにかなり時間がかかったが、これからは運転がもっと楽しくなる。

 そんなわけで今日は山へは行かずペダルも漕がず、体を動かさない真の完全休養日となった。たまにはこういう日もある。運動せずに食うケーキは美味い。

2017.04.07 (金)
チャリかスキーか

GR2016  職場のまわりの福寿草がようやく顔を出していた。札幌市内の積雪はついに0cmになったそうだ。路肩を掃除する緑色のクルマが走っていた。これで札幌市内の主要な道路は綺麗になっただろう。ありがとう緑色のクルマ。
 今週末に何をしていいのかわからない。北の方にはまだ雪がある。しかしタカは仕事だ。一人で山スキーへ行ってもあまり楽しくはない。視界はゼロの可能性がある。だったら平地でサイクリングか。乗るにしてもどこで乗るか。暖かそうな渡島へ行ってみるか。快適な帯広実家拠点か。下手に移動せず札幌拠点か。決められない。間の季節が一番困る。夏と冬しか無ければいいのに。

2017.04.06 (木)
遠いよサンパーク

GR021205  朝練バイクはサンパーク一周。朝の気温は3~5度だったが今日も日差しがあって暖かかった。厳しい冬を乗り切った身体で感じる春の5度と、夏の間に寒さ耐性を失った身体で感じる秋の5度は全く違うということがわかった。

GR021206  自宅の江別から北広島まで登り坂の向かい風でサンパーク到着まで40分かかった。昨日市街地を通らないと書いたがそれは勘違いでバッチリ通った。特に北広島駅前は舗装状態が悪くてもう通りたくない。しかし久々のサンパークは良かった。やはりここは良いコースだ。クルマは通らないし舗装は綺麗だし登りの斜度は丁度良い。しかし往復80分となるとせめてサンパーク4周はしないとアプローチの方が時間がかかるという結果になってしまう。仮に16分で4周すると朝のバイクトレに2時間半か。5出発でないと仕事に支障が出る。毎朝行くのはキツいか。情熱があれば可能か。

GR021208  帰りは下りの追い風で調子良くサンパークから自宅まで30分だった。気温もすっかり上がって汗ばむ陽気に。帯広では20度まで上がったらしい。20度はWarmというよりHotだな。この「江別-恵庭線」の綺麗なところだけを往復するというのが実は快適なのかもしれない。うーん、早く朝練コースを確定させたい。滝野-真栄は素晴らしいコースだったな。行けなくなるとありがたみがわかる。

2017.04.05 (水)
石狩平野が平坦すぎる件

GR021201  朝練バイクは南幌往復40km. 窓から入る光が眩しかったので太陽の力を信じて外に出た。助かった、意外と暖かい。まだ朝練コースが決まっていないのでクルマの少なそうな農道を流して帰ってきた。この辺はびっくりするくらい平坦だ。平坦を走ってもあまり追い込めない。やはりトレーニングは坂でなければ。しかし近所に坂がない。長沼スキー場は往復だけで50kmあるし、当別ダムの方は朝練で行くには寒すぎる。
 サンパークはどうだろうか。自宅からの距離を調べると片道15kmだった。あれ、厚別区民時代とほとんど変わらないぞ。江別発だと北広島市街を通ることなく信号の少ない大曲りからダイレクトにコースに入れるので早く着きそう。よし、明日はサンパークだな。同じ時間帯に一緒に練習してくれる熱い仲間がいれば最高だが、友達がいないので一人で追い込むメンタルを鍛えるしかない。

2017.04.04 (火)
走らなきゃ息が止まりそう

GR021196  朝練ランはジョグ9km, (20-40)*10. バイク朝練だー!!と意気込んで外へ出たら寒すぎたのでランニングウェアに着替えてジョグ開始。身体が温まったら20-40をやった。久々のインターバルは足腰はもちろん心肺にも効く。冬の間は通勤でそれなりにジョグッていたが、通勤でゆっくり走るのと練習で気合入れて駆けるのとでは使う筋肉の数も負荷も全く違った。回復したらまた20-40だ。高強度インターバルが好き。全力で走ってもがくのは気持ちが良い。普通に生きていて"全力で走る"なんてことはまずやらない。強い負荷で走る筋力が鍛えられれば弱い負荷で走るのが簡単になる。歩くのはもっと簡単になる。

 朝ランから帰宅して出勤する頃には暖かくなっていたのでチャリ通を再開した。往復18km. 昼休みもサッサとメシを食って20kmちょっと流して一日40km走った。下ハンを握って前を向くと身体の節々が痛い。首も背中も痛い。自転車筋も身体の柔軟性もかなり落ちている。毎日積み重ねてサイクリストの身体に戻していこう。

<< | 2/207PAGES | >>