//flickr Exif
2017.08.11 (金)
ポンクワウンナイ川

P8112699  1時起床の2時前出発。今日の行き先はポンクワウンナイ。昨日は暑寒を降りた後に留萌の町で昼ごはんを食べて天人峡まで移動し車中泊。まさかの3週連続天人峡泊。ここは涼しくて快適だ。

P8112720  今日も天気はよろしくない。東からじわじわ雨雲が迫ってくる。もって9時までだろう。雨が降り始める前に6~7時間でポンクワを詰めればあとは雨が降ろうが風が吹こうが天人峡夏道を下るだけ。というわけで早めの出発となった。

P8112738  前半には「残置が何本も垂れているが役に立たない二段になっている滝」と「丸太にまたがって超えた滝」の2つがある。今回もこの2つが核心だが、河原を飛ばしすぎて真っ暗なうちにこの滝と対峙することになった。どう考えても登れる雰囲気ではないので即捲きに入る。捲いて滝を超えたはいいが、真っ暗闇で下が見えないので滝に戻るのはスリリングだった。丸太は無くなっていたのであの滝は泳いで取り付く必要がありかなり難易度が高い。

P8110102  大滝の手前で明るくなった。明るければ高巻きは何も問題ない。そういえば去年は真っ暗闇の中カムイサンケナイの30m大滝を高捲いたな。あれはかなりエキゾチックだった。

P8112801  2つの滝を超えて大滝を越えればあとは楽しい小滝、ナメ、苔祭りだ。本当に綺麗な沢だ。寒くてしんどいだろうが秋にもう一度きてみたい。

P8112788  水も綺麗だ。下の方は去年の台風でかなり荒れていたが、大滝を超えた向こう側はそれほど被害がなく美しいままだった。

P8112837  花や樹木の名前がわかると山がもっと楽しくなるように、地質のことも知っていると山がもっと楽しくなるだろう。いつか時間があったら勉強してみたい。

P8112855  登りは去年よりもかなり早かった。先生は僕らにシゴかれたと言っているが実際そんなことはなく、みんな河原を歩く速さがほぼ一緒。ラッセルと同じで先頭はルーファイしながらで時間がかかるので、後続は写真を撮ったりペースを落としてひとやすみしたり上手い具合に足並みが揃っている。

P8112883  クワウンナイほど広くは無いがそこそこ長いナメもあり飽きさせない。

P8112905  小化雲のピークには誰もこだわりがなかったので最短で夏道に出るように沢筋を辿ったら途中でプッツリきれて30分ほどハイマツと格闘することになった。次に来ることがあったら素直にピークを踏んでいこう。
 夏道に出たら靴を履き替えてよーいドン。明日はかなり天気が悪く休息日になりそうなので今日は脚を使っていく。上げ目に夏道を飛ばして9時過ぎには駐車場に着いた。足首を負傷していると言っていた男は滝見台の手前まで僕の後ろにぴったりくっついていた。やるじゃないか。平坦と登りでかなり頑張って振り切った。今日も下山後のコーラが染みた。追い掛けてくれるタカのおかげで僕も早く下山できます。感謝。

P8110116  再訪になるがやはりポンクワウンナイは良い沢だった。毎年来よう。下山後は美瑛山頭火で腹を満たし、白銀荘で夜まで籠城している。去年、白銀荘へ行くときに美瑛から登ったところ「青い池渋滞」でひどい目にあったので遠回りして上富良野から登ると交通量が極めて少なく快適だった。この時期の美瑛-白金側はマジでヤバいのでみんな気をつけた方がいい。青い池以外にも富良野の国道はレンタカーだらけでえらいこっちゃだった。