2017.08.10 (木)
暑寒別岳(ポンショカンベツ川)

P8100027  今年も金沢からはるばるYSHR先生がやってきた。水曜は仕事を早めに切り上げて帰宅。半年ぶりのホテルヴェルファイヤに乗り込み出発。先月頃から夏休みの計画を立ててきたがあいにく天気が悪い。去年は5日間晴れまくりだったので何も考えずに計画を消化するだけだったが今年は毎日天気予報とにらめっこだ。

P8100042  1日目の行き先はポンショカンベツ川。前日夜のうちに雨の札幌を出て暑寒荘で車中泊。クルマの中で先生は「一度来たことあったような無かったような…」と言っていたが、下山後に「そういえば6年前に登ってたわ」ということだった。全員2回目。

IMG_2951  序盤は退屈な河原をひたすら歩く。前回来た時は河原歩きが遅かったので長く感じたか、今回は大した距離に感じなかった。河原の終わりと同時に夜が明けると頂上まで怒涛の勢いで小滝が出てきて飽きさせない。

P8102574  翌日はポンクワウンナイ川へ行くことになるが、タカがその時「ダラダラ長いポンクワよりシャキッとイイ滝が詰まっているポンショカンの方が好きかも」と言っていた。確かにポンショカンの後半の密度はポンクワよりエキサイティングだ。

P8102585  2度目の大滝も見応えがあった。前回は低めに捲いて苦労したので今回は遠くから高めに捲いた。

P8102602  確かに後で写真を見直してみるとイイ滝がいっぱいだった。

P8102591  先週の天人峡で足首を負傷したタカは完治しないまま夏休みの沢行に臨んでいる。どうか無理しないでほしい。

P8100105  天気はあまり期待していなかったが驚くほど晴れた。青い日本海が、碧い増毛山塊がくっきり見える。虫達のシーズンも終わったようで快適な山頂だった。今日は平日なので人もいなかった。

P8102629  下山後は国稀で美味しい水を汲んで一休み。最寄りの温泉"オーベルジュ"増毛は11時開店で1時間以上待つことになった。クルマの外で沢用品を干し、青い海を眺めながらのんびりした。僕らの夏が始まった。