2017.05.15 (月)
【Pearl Izumi】サイクルレッグウォーマー

GR000100  気温が一桁でもガシガシ外で乗れているのはコイツのおかげ。以前寒い日は「冬用ウインドブレークタイツ」というのを履いていた。これは確かに温かいが生地が厚く腰から足首まで繋がっているので脚上げが悪く、ちょっと坂を登れば汗が抜けず不快だった。おかげで寒い時期に乗る気が起きなかった。この春購入したパールイズミのレッグウォーマーは生地は薄く膝は立体裁断になっていてペダリングの妨げにならない。裏起毛で風は通さず暖かさは十分。タイツ-パンツ一体型より脚上げも汗抜けも格段に良い。日中に気温が上がってきたら脱げるのもポイント。丸めれば握りこぶしくらいの大きさになるのでサドルバッグの隙間に入る。ワールドサイクルの記事に書いてあるように、まずレッグウォーマーを履いてその上からレーパンを履いて裾をかぶせる。この順番だと何時間乗ってもずり落ちてこない。身長173cm体重62kgの僕でMサイズがピッタリだった。
 これで秋も10月まで快適に乗れる。サイクリングシーズンを長くすることができて嬉しい。もっと早く買えばよかった。レーパン一体型のタイツはもう買うことは無いだろう。同様にトップスも長袖ジャージや防風ジャケットよりも、半袖サイクルジャージ+アームウォーマー+ウインドブレーカーの組み合わせの方が快適だ。この組み合わせでかなり広範囲の気温に対応できるのでアームウォーマーも注文した。山も自転車も細かいレイヤリングが基本。