2017.05.10 (水)
【Garmin】Edge520とOpenStreetMap

 310XT, 920XTとこれまではラン兼用のサイクルコンピュータを使ってきたが、この度ついにサイクリング専用コンピュータEdge520を手に入れた。地図を表示するためだ。北海道を走る分には310XT, 920XTの簡単なルート表示で何も不自由しなかったが、さすがに本州を何日も走るので地図を表示したかった。
 Edge520クラスの大きなサイコンになればmicroSDカードスロットがついているだろうからjnxなりOSMを入れてやればそれっぽく動くだろう。ということでロクに調べず注文したらEdge520にはmicroSDスロットは付いてねえ、本体メモリは100MBもねえ。Edge520は下位モデルなので地図機能は貧弱だった。本体容量に余裕があってOSMを入れられるのはEdge820. microSDが入ってjnxを扱えるのはEdge1000. ガッデム。よく調べなかった自分が悪い。

GR021681  Edge820に交換しようか考えていたところGARMIN EDGE 520J用の超コンパクトなOpenStreetMapを作っている救世主がいた。早速インストールして自宅付近や帯広へサイクリングした時にテストした。問題無く軽快に動いて素晴らしい。本州を縦断するには「本州西(WE)」と「北東日本(NE)」の二つの地図が必要になる。WEとNEの両方の地図データはギリギリEdge520に入るので「両方の地図をEdge520に入れておいて途中でリネームして入れ替える作戦」をとった。前半戦はWEの地図で走り、後半戦に突入する前に先生のPCを借りてgmapbmap.img(WE)をgmapbmap_WE.imgに変更し、あらかじめ入れておいたgmapbmap_NE.imgをgmapbmap.imgにリネームして事なきを得た。この二つの地図データをリネームして使うことで九州以外は網羅出来ている。地図データを入れ替える事は今後しばらく無い。2つのファイルを結合したファイルがあればこんな手間は必要無いが、単純に2つのファイルを結合したときに容量が単純に加算されるのかは不明。この辺の問題があるから4エリアに分かれているのだろう。
 九州の地図は入っていないので福岡から北九州の門司までは地図無しで走った。北海道では実際に本州の地図が表示されるかどうかテストすることはできない。福岡から門司まで頼りない一本のルートに沿って走った。本当に地図が表示されるかヒヤヒヤものだったが、門司に入った時にOSMが表示された時は嬉しくて感動した。あらかじめルートは引いてきているので、万が一OSMが表示できなくても敗退は無いが。

 サイクルコンピュータとしての性能は申し分ない。大画面で見やすい。電池持ちはまずまず。深夜0時に出て夜明けの6時までの6時間を10%のバックライト点灯、その後15時までの9時間をバックライト無しで走行して15時間で電池が切れた。GLONASSやBluetoothは当然オフ。310XTと違って充電しながらでも走れる。端子は裏側にありマウントに干渉しない。K-Edgeのマウントに載せたまま充電して走れる。長距離の時はモバイルバッテリーとケーブルをもっていけば電池は気にしなくてよい。別の記事で書いたがBluetoothでiPhoneに記録を飛ばすのも早い。310XTの上位互換となってくれて大変気に入っている。温度計が内蔵されているのも地味に楽しい。僕のEdge520はJではないので日本語の地名は表示できないが全く困らない。日本語版との差額は1万円。この金額をどう考えるかは使用者次第。完全に上位機種のEdge820, Edge1000を食っている。Edge520もまた"今年買ってよかったサイクリング用品オブザイヤー2017"のうちのひとつ。