//flickr Exif
2017.04.20 (木)
説得力

 「たぶん」とか「〜だと思う」という言い回しをしないように気を付けている。自信が無いとついこのような言い回しをしてしまうが、聞き手にしてみればそのような曖昧な情報は価値が無い。最近「たぶん」を多用するふわふわした人を見て初めて気付かされた。自分もこうだったら嫌だな、と感じたので意識して直すことにした。咄嗟に微妙な質問をされた時につい使ってしまう。自信が無いなら「わからないので調べて後で回答します」と言えばいいだけの話だ。だってわからないものはわからないのだから仕方ない。適当な回答をするよりも時間をかけて正確な答えを伝えた方がお互いの為になる。
 事実ではなく意見を求められた時もそうだ。「〜だと思います」ではなく「〜です」、「〜すべきです」と「自分はこう考えている」ということを断定する。後になって自分の意見が間違っていたとしても「その時自分はこう考えていた」ということは事実なのだから自信を持って間違えればよい。
 「いいじゃないか始末書の1枚や2枚。別に命まで取られるわけじゃないし」(島耕作)

 最近ここを見に来る人が随分増えて、多くの人が見ていると慎重に当たり障りのないことを書きたくなる。しかし冒頭に書いたように曖昧な、無難な言葉で覆われた情報に価値は無い。「〜だと思う、多分」を付けて逃げ道を作ったって読みにくくなるだけだ。ここは毎日僕の考えたこと、経験したことを書くところだ。それが間違っていたり世間からズレていたとしても自信を持って文章にする。「この時僕はこう考えていた」という事実を書き残すことが、後になって自分で読み返した時に何かの役に立つ。