//flickr Exif
2017.04.19 (水)
終わりはいつも突然に

P1142711  昨年の沢登りと同じく、気付いたら滑り納まっていた。今シーズン最後を飾ったのは東岳の大斜面となった。天気良し、景色良し、滑りもそれなりに気持ち良かったので滑り納めとしてふさわしい山行だった。最後は山ビール(を楽しんでいる人を眺める)で締めたかったがタカとの予定が合わないので仕方ない。

GR020490  悪天候でも風と雪を読んで楽しむ術を覚えた。どの山行も腹八分目くらいでほどよいシーズンだった。しかし完全燃焼は無かった。天気の読みが上手くなった、自分の力がよくわかってきたおかげでせっかくの「もしかしたら行けるかもしれない」というコンディションのときに怖くてあと一歩が踏み出せない。安定の楽しいルートに流れてしまう。天気と休みが合わなかったとか、林道が崩れているので理想のルートが引けないとか後から理由は色々付けられるが、結局のところビビッて挑戦すらしなかった。自信が無いのは鍛え方と経験がまだ足りない。

PC311728  次のシーズンまであと7ヵ月。来年こそは一度くらい「もうしばらく山へ行きたくなくなるほどの、本気の完全燃焼系アタック」をやりたい。そのために自転車や沢やハイキングでしっかり身体を鍛えていこう。今より強い自分で来シーズンを迎えたい。