//flickr Exif
2017.06.22 (木)
米のメリット

20170622  セブンの塩むすびが美味しくて量も丁度良いので練習前の着火剤として食べている。おかずは無くてもよく噛めば甘くておいしい。今も糖質制限を続けている。スーパー糖質制限(徹底的に糖質をカットすること)は運動をしない日であれば可能だが、運動をする前はある程度の糖質を入れていかないともたないことがわかった。平日に糖質を入れるのは練習前後だけで、それ以外は豆腐や豆を食べている。
 練習前にMDを飲むというのも試したが吸収が早すぎるせいか朝練バイクの80分では後半ハンガーノックになる。おむすびだと80分しっかりもつ。穀類は消化が遅いのでじわじわ身体ににエネルギーを供給し続ける。エネルギーとしての即効性は無いが、吸収が遅いということが逆によく働いている。「ちゃんと身体に栄養を供給出来る環境下にあるので、空腹の信号を上げなくても大丈夫」と脳を騙せているのではないか。この現象がいわゆる「腹もち」というやつなのか。

2017.06.19 (月)
朝充

GR000477  朝練バイクは5パーク85分。風が強い、昨日の沢で全身じわっと筋肉痛、先行もいない。気温は高く晴れているがエンジンは回らず。まったり気持ち良いサイクリングだった。週間天気予報は太陽でいっぱいだ。最低気温は一桁から解放され、ようやく夏らしくなってきた。最近平日朝のアクティビティが充実していて毎日楽しい。冬も良いけど夏も良いな。冬も平日朝に楽しい遊びを見つけられたらいいのが。毎朝手稲山を登って滑るとか。山が遠いんだよなあ、江別は。

2017.06.12 (月)
風不死ラブ

 

IMGP0906  パチッと4時半に目が覚めたが大腿パンパンで布団から出られず。天気が良いのに勿体ないことをした。布団から出てサンパークへ行くまでは辛いが、自転車に乗ってしまえばそこそこ走れたのではないか。クロストレーニングの考え方を忘れていた。次は山で疲れた翌日は頑張って自転車に乗ろう。
 今日は階段の上り下りがつらかった。アクティビティの変わり目、使う筋肉の変わり目は毎年こんなもん。筋肉痛が治ったらまたすぐに山に入ろう。潰して治してを繰り返せばすぐに元通りだ。焦ることは無い。マッスルメモリーを信じろ。
 昨日の山は本当に楽しかった。曇りだって多少雨が降ったって、山を歩けば家でじっとしているのに比べたら100倍楽しいことを忘れていた。風不死北尾根の登りは気持ち良い。あんな雰囲気の尾根をいつまでも登り続けていたい。近所に欲しい。写真は2014年秋、一眼レフ(K-30)を手に入れたばかりのテンション高い時に撮った一枚。露出が無茶苦茶で面白い。今なら絶対にやらない設定になっている。秋の樽前は静かで良い。また今年も"自転車には寒すぎるが山には雪がない"という時期は風不死-樽前のお世話になりたい。

2017.06.10 (土)
子鹿

GR000374  金曜夜はススキノで飲み。飲みが終わるのは22時。それから自宅へ帰ると寝るのは24時になる。江別は遠すぎてつらい。生活のリズムが崩れるので夜更かしはしたくない、一刻も早く寝たいので中央区のホテルを予約するという荒業を試してみた。仕事が終わったらホテルまでクルマを飛ばしてチェックイン。そのまま飲みに行って終わったらホテルに帰って就寝。自転車も積んできているので翌朝は豊平川CRから滝野でも行こうと思っていた。しかしあいにくの早朝から雨。今日は一日止みそうにないのでホテルの朝食を食べたらチェックアウト時刻ギリギリまでまったりしていた。

GR000377  珍しく中央区に来ているので普段遠くて行けないお店へ行ったり美味しいものを食べたりした。夕方に帰宅すると雨が上がっていたので久しぶりにジョグに出た。3kmでもう脚ガクガク。さすがにこの状態はまずいので来週から走る。週に2回は必ず走る。ランのモチベーションを上げるために軽いハーフパンツを買ってきた。練習意欲が下がって来たらゼニの力で士気を上げるのだ。

2017.05.27 (土)
シコツー

GR000243  激しい雨の音で起きた。全道的に雨降りで逃げ場が無い。北海道の天気は悪いが関東は快晴。いつかやろうと思っていた「金曜仕事の後に飛行機輪行で成田に飛んで二日間で房総半島サイクリング」という企画をやろうかと思ったが、もう少し涼しくなってからということで踏みとどまった。

GR000246  週末は何も出来ないだろうから金曜夜に飲みに行った。開始時刻が20時だった。ここ最近21時には布団に入っているので開始から既に眠かった。ガッツリ飲んで気持ち良くなって24時帰宅。限界だった。24時とか行動開始の時間だわ。

GR000249  そんなわけで昼に起きて温泉でリフレッシュして、適当にクルマを走らせて支笏湖に来た。雨は上がっていた。靴をもってくるんだった。風不死北尾根あたりで一汗かくのもアリだったな。苫小牧経由で帰ろうかと思ったが急に漁川ダムへ行きたくなって来た道を戻った。

GR000251  漁川ダムへは久々に来た。クルマで来たのは初めてだ。そういえばGRのセンサーに付着していたデカいゴミはいつの間にか消えていた。3,000km以上地面からの振動を受け続けたことで落ちたのだろう。とても嬉しい。ロードバイクはダストリムーバーにもなるのだ。

GR000254  朝からずっと雨が降っていたが風は弱いので山歩きに行けばよかったと後悔した。そういえば夏用カッパの上着をもっていなかったので北広島のモンベルへ買いに行くことにした。M10をヤブや岩に引っ掛けるのは怖いし沢と焚火のにおいが着くのは勘弁なので夏用カッパが欲しかった。ちょうど去年モデルのバーサライトジャケットが安くなっていたので買った。以前の極薄スパルタン仕様ではなくなり普通にカッパとして使える厚みになっていた。

GR000259  その後は向かいのスタバでだらだらと無駄な時間を過ごした。明日は本降りではなさそうなので外で遊ぼう。

2017.05.16 (火)
健康的暴食を目指して

GR000103  GW前は糖質制限を頑張った。冬の間67kgまで増えた体重を62kgまで落とした。本州縦断中はドカ食いしないように気を付けていた。連休中あれだけたくさん走ったのだから、連休明けは好きなものを食べてもバチは当たらんだろう。というわけで連休前に節制していたのを爆発させるように最近は好きなものを好きなだけ食べている。吉野家で並を平らげた後にドライブスルーでてりやきマックバーガーセットとチーズバーガーを買って車内で食べながら帰宅し、風呂あがりにアイスを食う等やりたい放題だった。
 先日芦別下山後に体重を計ると63.8kgだった。ガッツリ増えとるがな。いけないと思いながらも今日は帰りにラーメンを食べてきた。江別三番通りにある「本家 麺蔵」の500円ラーメンがうまい。最近よく通っている。ミニ丼150円も付けちゃった。白いご飯や麺類、甘いものをお腹いっぱい食べる。これ以上幸せなことが世の中に存在するのだろうか。「食べること」が好きだ。大好きな「食べること」を健康的に続けるためにはもっとたくさん動くしかない。そう、まだまだ乗り足りなかったのだ。

 諸君。自転車は痩せない。

2017.04.21 (金)
下の会

iphone 296  今週前半は回復、後半は雨降りであまり練習していない。週の真ん中にガッチリ補強をしただけ。おかげで脚は満タンだが明日は広く雪が降る。天気がマシな場所まで移動して寒さに耐えてサイクリングか、思い切って山スキーへ行くか悩む。
 今日は「新入社員を囲んでえらい人の居ないところで言いたい放題言う若手飲み会」だった。僕は今年で7年目になり今日の集まりでは最年長のオッサンだった。もう若手ではない。隅っこで延々とホルモンを焼きながら若者たちの話をフンフンと聞いて楽しんだ。新入社員をはじめ若者たちがまぶしすぎる。この会への参加は今回で最後だな。
 写真は2011年4月の神居尻山にて。札幌に引っ越して働き始めて最初に登った山。あれからもう6年経った。時が過ぎてゆくのが早い。

2017.04.20 (木)
説得力

 「たぶん」とか「〜だと思う」という言い回しをしないように気を付けている。自信が無いとついこのような言い回しをしてしまうが、聞き手にしてみればそのような曖昧な情報は価値が無い。最近「たぶん」を多用するふわふわした人を見て初めて気付かされた。自分もこうだったら嫌だな、と感じたので意識して直すことにした。咄嗟に微妙な質問をされた時につい使ってしまう。自信が無いなら「わからないので調べて後で回答します」と言えばいいだけの話だ。だってわからないものはわからないのだから仕方ない。適当な回答をするよりも時間をかけて正確な答えを伝えた方がお互いの為になる。
 事実ではなく意見を求められた時もそうだ。「〜だと思います」ではなく「〜です」、「〜すべきです」と「自分はこう考えている」ということを断定する。後になって自分の意見が間違っていたとしても「その時自分はこう考えていた」ということは事実なのだから自信を持って間違えればよい。
 「いいじゃないか始末書の1枚や2枚。別に命まで取られるわけじゃないし」(島耕作)

 最近ここを見に来る人が随分増えて、多くの人が見ていると慎重に当たり障りのないことを書きたくなる。しかし冒頭に書いたように曖昧な、無難な言葉で覆われた情報に価値は無い。「〜だと思う、多分」を付けて逃げ道を作ったって読みにくくなるだけだ。ここは毎日僕の考えたこと、経験したことを書くところだ。それが間違っていたり世間からズレていたとしても自信を持って文章にする。「この時僕はこう考えていた」という事実を書き残すことが、後になって自分で読み返した時に何かの役に立つ。

2017.04.19 (水)
終わりはいつも突然に

P1142711  昨年の沢登りと同じく、気付いたら滑り納まっていた。今シーズン最後を飾ったのは東岳の大斜面となった。天気良し、景色良し、滑りもそれなりに気持ち良かったので滑り納めとしてふさわしい山行だった。最後は山ビール(を楽しんでいる人を眺める)で締めたかったがタカとの予定が合わないので仕方ない。

GR020490  悪天候でも風と雪を読んで楽しむ術を覚えた。どの山行も腹八分目くらいでほどよいシーズンだった。しかし完全燃焼は無かった。天気の読みが上手くなった、自分の力がよくわかってきたおかげでせっかくの「もしかしたら行けるかもしれない」というコンディションのときに怖くてあと一歩が踏み出せない。安定の楽しいルートに流れてしまう。天気と休みが合わなかったとか、林道が崩れているので理想のルートが引けないとか後から理由は色々付けられるが、結局のところビビッて挑戦すらしなかった。自信が無いのは鍛え方と経験がまだ足りない。

PC311728  次のシーズンまであと7ヵ月。来年こそは一度くらい「もうしばらく山へ行きたくなくなるほどの、本気の完全燃焼系アタック」をやりたい。そのために自転車や沢やハイキングでしっかり身体を鍛えていこう。今より強い自分で来シーズンを迎えたい。

2017.04.13 (木)
トリプルフランジ

GR021260  イヤーピース(イヤホンのスポンジ)が劣化してきたのか、shure掛けケーブルのコシが無くなってきたのか、耳の穴が広がったのか。原因は不明だが最近耳の穴からイヤホンがよく抜けるのでイヤーピースを交換した。評判の良い三段キノコを試してみた。そのままだと耳から飛び出すので"茎"を自分好みの長さに切って使うモノらしい。ウレタンのイヤーピースより耳から抜けにくくなって満足。遮音性は素晴らしい。「オーディオは身体に近いところから強化していくべき」という格言があるようにイヤーピースの変更は効く。この三段キノコは上位のモデルには標準で付いているということはメーカーもトリプルフランジをオススメしているのだろうか。下位モデルにも付けるべきだと思うがコストとの兼ね合いもあるのだろう。
 SE215−SPEは僕が購入した時はなぜか13,000円近かったがここ最近は10,000円ちょっとに下がった。ちょっと良いイヤホンを探している人にオススメ。耳栓としての性能が極めて高い。全く音漏れしないところも良い。以前出張ラッシュの時に機内に忘れたことがあった。航空会社に電話すると見つかったとのことで次の出張の時に空港で受け取ったというドラマがある。あの時は「紛失した。仕方ないから次はダイナミック型を買うしかないな!!」と思ったが見つかったのでまだまだBA型で頑張っていこうと思う。移動中や作業中などかなりの頻度で使う道具なのでもっとお金を掛けてもいい。壊れたら次は上位モデルがいいな。

| 1/55PAGES | >>