//flickr Exif
2017.06.27 (火)
アクティブレストの話

GR2017  朝練バイクは5パーク80分。曇りで無風。涼しくて快適だった。昨日しっかり休んだので脚は満タンに近いが単独なので盛り上がらない。登りは重たいギアでそれなりに頑張り、下り平坦はサボり16分で淡々と回した。気温は14度だった。このくらいの気温で日差しが無いと汗が出なくて本当に快適だ。バイクとハイク(ラン)を隔日でやるのは効率が良い。昨日はとても天気が良かったのでも完全休養にしないで軽く乗れば良かったか。
 疲れている時に運動を始めると漕ぎ出しは身体が鉛のように重たいが、身体が温まってくると筋肉痛は消える。心拍数が上がると新しい血が身体の中をぐるぐる駆けめぐり、疲労物質をギュンギュン溶かしていってくれそうな気がする。疲れて眠たいときはさっさと眠るべきだが、眠たくない時は「水とタンパク質と少しの糖質」を摂って、チョロチョロ動いて代謝を回しまくった方が早く回復して早く次の練習ができる。このときなるべく疲れていない筋肉を使って運動した方が良いのでラン、バイク、スイムなど有酸素運動のバリエーションが多いとお得だ。

2017.06.24 (土)
暇人の二部練

GR000538  朝練バイクは5パーク81分。全道的にパッとしない天気でやる気が出ない。雨雲は北から来るようで厚田へ行くのは得策ではない。結局休日なのにサンパークへ来てしまった。10周くらいするつもりで来たが気温は高くじめっじめ。クルマ通りも平日より多くて快適ではない。5周で飽きて終了。無風なのでタイムはまずまずだった。去年の秋に樽前や羊蹄山へ通いまくっていた時にも書いたが、山も自転車も気に入ったコースであれば毎日通っても楽しい。そりゃまだ見たことの無いルート、やったことの無いルートの方が楽しいが、天気が微妙なときは近場の安定コースに流れてしまう。まあ楽しくてトレーニングになればなんでも良し。毎週スカッ晴れのthe dayなんていうウマイ話は無い。平日や天気の悪い休日も休まずせっせと爪を研いでおくことが、ここぞという時の成功率を上げるのだ。

GR000540  ダメ元で半どんのシロに「午後からハイキングかサイクリングしようぜー」と連絡するとサイクリングへ行くことになった。持つべきものは友である。シロの仕事が終わるまで時間があるので公園でホイールを磨くことにした。フレームは綺麗に磨いているがホイールはさっぱりだったので気合い入れてステンレスたわしでピッカピカにした。私が「公園でホイール磨きおじさん」です。

GR000544  仕事を終えたシロと合流して支笏湖線へ。ポロピナイまで抜けずに漁川ダム経由で恵庭へ抜けた。この道路は自転車で走るのは初めてだ。路肩はガッタガタだが中央はそこそこ舗装状態が良い。交通量の少ない時間帯なら快適なサイクリングが楽しめそうだ。恵庭に住んでいたら毎朝来てしまうだろう。良いコースだ。

GR000545  大曲りから真栄に出て聖地滝野へ。真栄から登ることはあまり無い。距離は長い。じわじわっとした斜度をじりじり登ってゆく。こっちから登るのもなかなか悪くない。この辺は雨雲が来なくてところどころ晴れ間もあった。気温は低くも高くもない。風は生ぬるくなんともまったりした時間を過ごした。

GR000559  その後はシロ邸へ戻り自転車をクルマに積み込んで帰宅。シロのご家族に初めて会った。娘さんはトコトコ走り回っていてかわいかった。早く大きくなってお父さんの代わりにラッセルしてあげるんだぞ。
 素人の僕の感想なので参考程度に受け取って欲しい。ポジションの話をするとコラムスペーサーは全部とっぱらってハンドルを最低まで下げて、はみ出たコラムはサイクルベースあさひで切ってもらう(確か1,000円くらいでやってくれる)。そしてステムをもうちょい延長すると前傾がより深くなって平坦下りが速くなる(ただし首-背中の筋肉が付くまで疲れる)。
初心者の頃に推奨されるアップライトなポジションというのは体幹の筋肉が不十分なうちは長距離を走るのに適しているが、尻への荷重が大きい。ある程度体幹が鍛えられてきたら可能な限りレーシーなポジションでシャキシャキ走った方が尻をはじめ一点への荷重が少なくなり、結果的により速く遠くへ快適に走れる。

2017.06.21 (水)
目覚めよ大腿四頭筋

GR2017  朝練バイクは5パーク85分。風が強くてタイムは出ない。軽いギアでくるくる流した。サンパークで風が吹くと登りは向かい風、下りは追い風になることが多い。下りで追い風になっても空気抵抗で速度は頭打ちになり、登りの向かい風は脚にくる。無風が一番だ。昨日の樽前の疲れが大腿に残ると思っていたがほぼノーダメージだった。だいぶ筋力が戻ってきたようだ。しかし筋肉痛が無いということは負荷が足りないということ。次はもっと上げていこう。恐るべしマッスルメモリー。

2017.06.13 (火)
太陽が出ていないサンパークなんて

GR2017  朝練バイクは6パーク95分。北広島の気温は7度だった。長袖で出発。手足が冷たい。サンパークは霧で真っ白で気分が乗らない。2周流すとようやく太陽が出てきてエンジンが掛かる。登りも下りもせっせと踏み、15分台でシャキシャキ4周して終了。脚が満タンでスタートから天気が良ければ5パーク77分はいけそうな手応えがある。天気は気分の問題だけでなくて、ある程度暖かくないと血の巡りが悪くて力が出ないのかもしれない。

2017.06.09 (金)
We are 太陽人

GR2017  朝練バイクは5パーク81分。出発から日差しが強くて心躍る。昨日はしっかり休んだので今日は踏めるだろう。と思いきやまだ脚が重たかった。風も強くて掛かりが悪い。えっちらおっちら2周して3周目に入るところで先行を捉えた。登りでパスしてそのまませっせと3周して終了。振り返るといつも視界に居て大した差は付けられなかった。「その気になればいつでも刺せる」という位置をキープしていたと思われる。せっかくなら一緒に走ればよかった。ようやく脚の合うサンパーカーを見つけて嬉しい。バイクのブランドは覚えたので次は声を掛けてみよう。サイクリストってサングラスをかけているしウェアはいっぱい持ってるから自転車からでないと個人を特定できない。自転車を下りたら誰かわからん。

2017.06.06 (火)
涙が出るほど下りが寒い

GR000359  朝練バイクは5パーク83分。北広島の気温は6度だった。勘弁してほしい。下りが寒すぎて漕ぐ気がしない。このコースは下りの後すぐに7~8%の登り返しがある。下りでスピードに乗れば乗るほど登り返しの距離を縮めることができる。周回タイムを縮めるなら下りは休んでいる場合ではなく激漕ぎは必須。
 周辺の草むらにルピナスが咲いていた。ルピナスと言えば十勝三俣-三国峠だ。6月末頃に満開のルピナスに癒されながら三国峠を登ってみたい。

GR000363  夜練バイクは4パーク。サイクリングペースで。心拍数を上げず軽いギアでのんびり走った。前乗りになって大腿の力でつま先を地面に刺し込んでみたり、身体を起こして上ハンを引っ張るのと同時に足の裏でペダルを前に押し出してみたり、脚の力は完全に抜いて腰から上の筋肉だけでペダルを回してみたり色々やった。引き出しは多い方が一か所の筋肉に疲れが溜まらない。さすがに脚が消耗してきた。毎日2~300kmに比べればなんともないと思うかもしれないが、気持ち良いペースで2~300km走るより、振り絞って4~50km走った方が何倍も疲れる。

2017.06.05 (月)
Northern life

GR000344  朝練バイクは5パーク81分。今朝の北広島の気温は5度。寒すぎる。曇りで寒いし路面はウェットで気が乗らない。くるくる5周流して終了。シートポストの変更で平坦が速くなったので流した割にはそこそこ良いタイムだった。晴れて脚の機嫌が良ければ5周80分は切れるだろう。走り終わったところでようやく暖かくなってきたので注油をした。走った後すぐにメンテ出来る環境を整えたのは正解だった。無駄がない。山スキーと一緒だ。

GR000349  夕練バイクは5パーク79分。天気は良く風もなく涼しいのでかなり頑張った。心拍計をつけ忘れたのが残念だ。結構追い込んだら5周80分は切れた。ちょっと休むとすぐに貯金が無くなるので油断できなかった。集中しっぱなしの濃い79分だった。終わったあとは温泉へ行った。気持ちよすぎる、極楽だ。次の目標は5周77分台に設定してみよう。

 6月から「ノー残業キャンペーン」が始まったので毎日定時に帰れて最高。別にキャンペーン中でなくても帰りたい日は勝手に帰っているが、こう大手を振って帰れると少し違う。説明しにくいが。朝も夜もサンパークに居るので管理人に無職だと思われるかもしれない。このキャンペーンがいつまでも続けばいいのだが。

2017.06.04 (日)
すごくプロテインのはなし

 今朝も早起きして外を見ると冷たい雨が降っていたので寝ていた。今回土日は全道的に雨というので帯広に来てみたが結果的には道東はずっと雨や曇りで、雨が降っていなかったのは留萌、増毛、樺戸ら辺だったようだ。あの辺を拠点にすれば一日中自転車に乗っていられたかもしれない。天気の読みが甘かった。まあこういう週末もあるだろう。今朝は朝食を食べたら帯広を出て、ラジオを聴きながらのんびり下道運転で札幌へ帰って来た。札幌も冷たい雨が降っていた。部屋の掃除や買い物をして一日が終わった。明日からは青空が拝めそうだ。たくさん自転車に乗ろう。あまり体を動かせない週末だったが、ここ最近は平日の朝練がとても充実しているのでそれほど悲しくはない。疲れが溜まらないように気をつかっていても溜まるものは溜まる。この週末でしっかりリフレッシュ出来て良かった。

GR011897  これは2015年末の画像。当時は二部練をしていたせいもあってプロテインの消費が激しかった。ちびちびプロテインを買い足すのが面倒なので当時オプチマム5lbs(2.27kg)を8個一気に購入した。しかしここ最近の研究だと僕の体重では一回に吸収できるタンパク質の量は10~15g程度が適量という。オプチマム1スクープの24gはやや多いということがわかったので一度に摂取する量は半スクープの12gにした。それからプロテインの消費量は激減し、この8ボトルを使い切るまで1年半近くかかった。
 ようやく最近になってプロテインが底を尽きそうなので買い足そう。プロテインの通販事情も1年半で随分変わったようでここ最近はマイプロテインのインパクトホエイが幅を利かせているらしい。すげえ安い。計算してみるとオプチマムの4割くらい安かった。もうオプチマムには戻れんなあ。
 ここ最近、出先でホテイプロテインを忘れた時にはどこのコンビニでも買えるウィダーinバーを買ってもしゃもしゃ食べていた。inバーはタンパク質10gで150円くらい。対してインパクトホエイで10gのタンパク質を摂れば20円以下である。安いぜプロテイン。inバーはブルジョワの食べ物であることをもっと自覚したほうがいい。inバーに頼らないようホエイプロテインは常にクルマに積んでおくべきだし、カバンにも小型容器に入れて携帯しておきたい。財布、携帯、プロテインである。

GR000342  先日本州へ行った時はジップ付きの袋に10日間分のビタミン剤を入れていった。試しにこの袋にプロテイン1スクープを入れてみたところピッタリだった。これで出掛ける時の荷物のカサを減らせる。袋自体は30枚100円と安いので使い捨てても問題ない。自宅で暇な時に袋詰め内職をして量産しておこう。この形状だと男飲み(シェイカーを使わずダイレクトに口の中に粉を投入する飲み方)も簡単。
 もし何かの拍子にカバンの中身が散らばって、この形状のモノがいっぱい出てきたら誤解を受けそうな気がする。まさに「あ〜あ」って感じ。

2017.05.31 (水)
2017年5月の反省


 スーパー自転車強化月間だった。月間走行距離は3,200kmだ。自動車でもそんなに走ったことは無い。僕のこれからの人生でこの距離を上回ることは無いのでは。とにかくたくさん自転車に乗った月だった。幸い怪我も故障も病気も無く健康な毎日を送っている。自転車が楽しすぎる、今日も明日もたくさん自転車に乗りたい、だから自転車に乗ったあとの疲労回復には全力で気をつかっている。食事と水分補給、暇さえあれば体を伸ばしたり軽く動かしたり。2~3時間ごとに小まめにタンパク質を摂取するというボディビルダーのようなケアを本当に実践している。

 6月になったら沢や花見登山にも行きたいが一人で山は行かない。一人なら自転車に乗っていた方が楽しい。6月もチャリブログとなるか、ヤマブログとなるかは僕の周りの人たちに掛かっている。みんな頑張れ。

2017.05.31 (水)
ガチパーク

GR2017  朝練バイクは6パーク100分。何も考えずに走っていたら1周多かった。私が一桁も数えられない男です。出発時はどんより曇っていたサンパークは霧の中で真っ白。全くやる気が出ずに走り出したが、徐々に霧は消えて雲の隙間から太陽と青空が見えてきた。走り終わる頃にはすっかり快晴。気持ち良い朝練だった。

GR000302  夜練バイクは3パーク。日の入りの時刻が随分遅くなってきた。20時頃まで薄明るい。仕事を切り上げたら乗りたくて乗りたくて仕方なかったので再びサンパークへ向かってひとっ走りしてきた。風が無い、気温は涼しくコンディションは抜群に良い。1周目から脚がよく回ったので最高地点からタイム計測をした。ゴール前の登りはほぼ立ち漕ぎで久々にHR180bpmを見た。タイムは14:49だった。今シーズン初めて15分を切れてよかった。そろそろ脚力は去年に追いついただろう。今シーズン中に14分切りを見てみたい。TAの後は1周流して終了。久々に温泉に行って疲れを癒した。朝練ほど時間の余裕が無い夜練ではチョロッとウォーミングアップして一周入魂でTAをやるのも悪くない。マジで疲れるので月に1回くらいでいいが。

| 1/55PAGES | >>