//flickr Exif
2017.12.10 (日)
オプタテシケ山(白金から)
PC100146

 白金からオプタテシケに行ってきた。冬は初めてとなる白金からのルートだ。気温は低く風も強い。厳しい山行になることは必至だ。昨晩は富良野岳を下山後美瑛の山頭火でお昼ご飯を食べて、2017年6月に開業したばかりのゲストハウス、白金の湯に泊まった。この話はまた明日の日記で。今日の山行で僕が最初に撮った写真は山頂の写真だった。

PC104664

 1時起床の2時行動開始。白金の湯からクルマで1分で目的地のゲートに着く。温泉からシールを履いて歩いてもいいくらい近い。オプタテ西面アタックは特に面白味のあるルートではない。美瑛川沿いに麓をトラバースして、好きな尾根や沢筋からオプタテに登り上げるだけだ。ぶっちゃけ美瑛富士や美瑛岳、ベベツ岳に登るのと地形や植生や雪質などは変わらない。よほどの物好きでなければここからオプタテは目指さないだろう。
 昨日のベベルイは雪が少なかったので今日も楽勝かと思いきやかなりの積雪量だった。日の出まで5時間近くひたすら深雪ラッセル。雪は極めて軽いのでラッセルの負荷はそれほど重くは無いが、とにかく深さがえげつない。自分がラッセルしているときは何も感じないが、交代して後ろに回るとトレースが膝より深くてビビる。

PC100215

 5時間ほど歩き続けて明るくなってくると標高は1,500mを超えて、あたりはすっかりホワイトアウト。耐風装備に身を包み板をデポしてピークを目指す。1,500mの時点で中々の風速なのでここから500m上げるとなると板を担いで行くのは厳しい。念のためタカに「板担いでく?」と聞くと「無理っしょ」と即答だった。ですよねー。タカが居ると単独よりもベターな判断が出来て助かる。

PC104690

 山頂で記念撮影を済ませたらダッシュでデポまで駆け下りる。風は強いがザックがめちゃくちゃ軽いので足取りも軽い。氷化斜面の下りが地味に楽しかったのは僕だけかもしれない。板を履けばあっという間に安全圏まで落ちてゆく。雪は液体のように軽い。毎週言っている気がするが今シーズン一番のパウダーだった。林道は素直な下りではないので大人しくシールを貼ってぺたぺた歩いた。下山後は金山湯の沢まで我慢。貸切の湯の沢ですっかり冷えた手足の先まで温まった。
 1,900mで尾根に出た時、富良野側はバリバリのアイスバーンだったが十勝側は西風の陰になっていてモッフモフのパウダーがたっぷり溜まっていた。やはり十勝連峰の十勝側は上の方まで良い雪だ。アプローチは悪いが、それ故に静かで素敵だ。前にも書いたが十勝を愛する者として十勝連峰は十勝側からアプローチしたいというこだわりがある。今シーズンも一度はトノカリからアプローチしてオプタテのパウダーを味わいたい。十勝側からの十勝岳アタックもやりたい。

2017.12.09 (土)
原始ヶ原-富良野岳
PC090003

 昨晩の札幌の降りはすごかった。今日も羊蹄はかなり楽しめそうだが、そろそろ距離を歩く訓練をしなければならない。もしかしたら間違って晴れるかもしれないので去年から行こう行こうと言っていたがなかなか行けなかった原始ヶ原からの富良野岳へ行ってきた。

PC094570

 綺麗な朝焼けが見えたのはほんのわずかの間で、高度を上げるとやっぱりガスの中。今日は出発時点の気温が-18度となかなかの冷え込みだった顔が冷たくてうまく喋ることができない。太陽が出てくると寒さはいくらかマシになったが、気温がマシになったら風が出てきてやはり寒い。地獄の一歩手前という感じ。

PC094578

 富良野岳の南尾根は雪が全然着いていなかった。風が吹き続ける地形なのだろうか。全然雪が無く斜面はカチカチなので今シーズン初の担いで爪。風が強くてスキーが煽られるのでなかなかの修行だった。

PC094607

 頑張って山頂まで来たのでご褒美の滑り。さすがに沢筋にはパウダーが溜まっているだろうと思いきや、この沢筋は広くて風がよく当たるためか全くパウダーは溜まっていなかった。何百mもモナカを滑り続けて脚が疲れた。

PC090126

 というわけで寒くてご褒美の滑りも無い。総合的に見て修行だった。こんなことなら羊蹄を2往復した方が楽しくトレーニングできたのではないか。いや、こうして他の山にも足を伸ばすことで改めて羊蹄様の素晴らしさを再認識できる。素敵なことじゃないか。

2017.12.03 (日)
羊蹄山(京極)
PC034393

 ふかふかの温かいお布団で朝を迎えた。建物の中も薪ストーブのおかげでぽかぽか暖かい。ゆっくり朝食を食べてのんびり着替えて板にシールを貼って支度をした。今日はタカ・シロと京極登山口で待ち合わせしているがひとつ懸念があった。晩に雪が降り過ぎると除雪が入るまで蝦夷富士小屋に閉じ込められるのでは、と。
 国道-蝦夷富士小屋への町道の除雪は朝の4時頃に入る。京極登山口には5時集合なので大丈夫だった。小屋の周りも管理人さんが4時に起きて自前の除雪車で除雪してくれて助かった。蝦夷富士小屋はドアを開ければそのままスキーを履いて西面から羊蹄に登れる。比羅夫は西面なので夜明け前に出るとなかなか太陽の光が当たらなくてつらいのと、札幌から遠いので僕らはあまり来ない。しかし土日に羊蹄に登るプランならば土曜は京極、マッキモ、北面などを登って蝦夷富士小屋泊、日曜は小屋から遅めに出発して西面を登るというプランも楽しそうだ。ドアtoドアで羊蹄というのはロマンがある。一度はやってみたい。西面は日当たりが悪いので雪質は良い。冬の間は混み合うのかと思いきや最近はそうでもないと聞いた。夏のサイクリング合宿の拠点にするのも楽しそうだ。みんなたくさん利用しよう(蝦夷富士小屋)

PC034403

 さて今日も懲りずに羊蹄京極。もう4回連続となる。どこも天気が悪いので羊蹄しかない。今日も真っ白け。真っ白な空間を登るのも、真っ白な斜面を滑るのも慣れたがそろそろ視界良好な山スキーがしたいものだ。初回の前富良野岳は天気の無駄遣いだったなあ。

PC034456

 今日は昨日より随分気温が高かった。外輪の気温は-7度。風が強い予報だったがなぜか無風。視界が無いことを除けば天国のような山行だった。今日も沢にはたっぷりのパウダーが詰まっていてそりゃもう楽しい滑りだった。

PC030029

 もう少し疲れず楽に気持ちよく滑りたいと思って色々試している。蝦夷富士小屋の管理人さんがスキー歴がものすごく長いので色々教えてもらった。この辺に生まれた人たちは自転車に乗り始めるよりも先にスキーを履いているような人たちなので、みんなスキーの達人だ。
 一点だけ「まっすぐ進まないこと」というのを教わった。常に板にテンションをかけてたわませて、ターンとターンのつなぎ目を無くし、弧の連続で滑る。これを心がけると綺麗に気持ちよく滑れるらしい。しばらくはこの教えを意識して練習してみよう。

PC034516

 そういやシロは冬の羊蹄は初だと言っていた。ということは1,500mも延々とスキーで登り続けるのも初だろう。初めてこれをやると疲れると思う。お疲れ様でした。初羊蹄でこんな良い雪なんて幸せだろう。

PC034560

 下山後は京極セイコマで真狩温泉開店待ち。去年は10時半に開店していたが今年から11時開店になったのでつらい。今日は登り3時間下り1時間の4時間行動だった。物足りない。行動時間より札幌からの往復運転時間の方が長い。もう一回登り返すというのも考えたが、滑りモードで下りてきてから登り返すのはどうも気が進まない。2倍登らせてくれて2倍滑れたら素晴らしい。大きな地殻変動が起きて羊蹄が2,500~3,000mの山にグレードアップしないだろうか。

PC034406

 脚も出来たし寒さにも慣れた。もう準備はできている。そろそろデカい山へ行きたい。頼むから来週あたり晴れてくれ。

2017.12.02 (土)
羊蹄山(京極)
PC024371

 今日はおひとりさまで羊蹄京極。今日で3連続になる。相変わらず天気はすこぶる悪い。江別は全く降雪が無く舗装路が出ていたが、南区に入るとパラパラ降ってきて中山峠は猛吹雪だった。今日は曇りじゃなかったのか。運転に神経を使って疲れた。

PC024381

 京極登山口まで行けなかったらやべえなあと思ったが今日の雪は軽かったのでクルマラッセルで無事登山口に到着。今日も真っ白な斜面をせっせと登ってピークを獲ってきた。さすがに3回連続となると書くことが無い。雪はしっかり増えていた。札幌市内の雪の少なさが嘘みたいだ。そうだ先週と違う点が一つ、頂上までほんの100mくらいのところでいよいよシールで登れなくなり担いで爪。ポンの重みが久々に肩に食い込んだ。

PC024387

 雪は超軽かった。上空にヤバい寒気が入っているおかげで今日は今シーズン一番の寒さだった。さすがにガイド先生を出した。寒いおかげで雪は軽くラッセルは軽い。滑りも極上だった。往復5時間でクルマに戻ってきた。予定よりだいぶ早かったので真狩温泉がまだ開いていない。京極セイコマで記録を書きながら時間を潰した。

PC024389

 温泉で小一時間まったりした後は本日のお宿「蝦夷富士小屋」へ移動した。二日連続羊蹄へ行くのにいちいち札幌へ帰るのはしんどい。なので今年は羊蹄山麓のリーズナブルな宿を開拓していくことにした。羊蹄と自宅の1往復にかかる時間は5時間。仮に時給2,000円とすると10,000円。更にガソリン代2,000円も加えるとこれはもう羊蹄山麓に泊まらない手はない。蝦夷富士小屋は冬季素泊まり3,800円。一発目にしてここでアガりでいいんじゃないかという居心地の良さだった。めっちゃ綺麗だし暖かいし自炊設備完備でもうね。

2017.11.26 (日)
羊蹄山(京極)
PB264261

 3時に起きてタカを迎えに行き、今日も元気に羊蹄京極。僕とタカの間で「冬は晴れなきゃ羊蹄一択」という掟が出来たので。夜明け前は風が強い予報だったので出発を少し遅らせた。今日は写真が全然ない。昨日とほとんどやっていることが一緒だ。真っ白な空間をひたすら登り、パウダーを撒き散らして下りて来ただけ。

PB264274

 出だしは木々がミシミシ泣いていたが森林限界を超える頃にはだいぶおとなしくなっていた。昨日の僕らのトレースは綺麗サッパリ消えていたが、雪は昨日より軽かった。頂上直下は氷化していなくてシールのまま山頂到着。風も予報より弱くてゴーグルを着けずに着いた。

PB264277

 雪は軽くて滑りは極上。まだ11月だが、早くも今シーズントップになる可能性があるくらい良質な雪だった。羊蹄は良い。毎週毎週羊蹄ばかり行って飽きないのかと思うかもしれないが飽きない。たくさん登ってたくさん滑れる。まだ11月なので氷化していないが真冬になれば持ち込む装備をすべて使う。良い訓練になる。羊蹄には山スキーに必要な要素が全て詰まっている。夏のフッタルみたいなものだ。来たるべきthe dayに備えて爪を研ぐには最高の山。もちろん晴れればもっと楽しい。12月はまあ晴れない。きっと来週も再来週も羊蹄だろう。

2017.11.25 (土)
羊蹄山(京極)
PB254051

 ニセコ方面もそこそこ積もっているらしいので羊蹄の様子を見に来た。深夜2時に札幌を出て中山峠を越え京極登山口へ。道中はずっと大粒の雪がごんごん降っていた。喜茂別、京極の町はすっかり冬景色だった。これは期待できる。

PB254061

 去年の11月末にも京極コースに来ているがヤブヤブだったのを覚えている。今年は去年よりも雪が多い。笹を踏むことはほとんど無く快調に高度を上げてゆく。1,000mあたりから灌木が邪魔をしてくるのでうまいこと避け、適当なところで沢筋に入った。Pon2oonを履いていても沢筋は底なし沼のように沈む。これは深い、深すぎる。ヤブを我慢して尾根から登るべきだったかと後悔しても時すでに遅し。仁義無きラッセルが始まった。

PB254073

 雪が重たく深いほど燃える。思いっきり息を吸い込んでガンガン雪を蹴飛ばして上へ。強度を上げても気温が低いので汗をかかない。この「雪に自分のありったけの力を思いっきりぶつける感じ」が気持ちよすぎる。これがやりたいんだよ。山頂が近づくにつれ風雪が強くなってくるが、気温は予報より高く風もそれほど強くは無く気象条件は普通だった。山頂付近は凍っていなかったのでシールを履いたまま山頂に着いた。今日はしっかり三脚を持ってきたので記念撮影。

PB254160

 山頂でシールを剥がして滑降開始。昨晩からの降雪量はハンパ無く、ターンをすれば顔まで雪がかかり冷た気持ちよかった。やや重たいが贅沢は言うまい。もうパウダーはお腹いっぱいです、というくらい堪能した。

PB254223

 下山後は倶知安の大心にラーメンを食べにいくか、京極セイコーマートのイートインか下りてから決めることにしていた。あんまりお腹が空かなかったのでサクッとセイコマでカップ麺を食べて温泉へ。往路のクルマの中でやまだひさしがどん兵衛の話をしていたのを思い出してどん兵衛を食べた。

PB254240

 その後は真狩温泉の熱いサウナと冷たい水風呂。顔が冷たい冬の露天風呂は最高だ。冬の間、10回以上は確実に真狩温泉に来ることになるので、ついに回数券を買った。温泉を出たら中山峠を越えて帰札。時刻はまだ14時だ。溜まっていた下界の用事を済ませよう。ようやく羊蹄解禁だ。これで週末は退屈しないな。

2017.11.23 (木)
暑寒別岳
PB230007

 昨晩は飲みから帰宅後軽く仮眠し、26時にタカに迎えにきてもらい一路増毛へ。冬の231号はいつも夜間通行止めになっているが、土日祝日は片側交互通行で通れる。平日休暇を使って増毛に行く時は通れないので注意したい。

PB233954

 先週の前富良野は全然雪が無かったし、十勝や大雪もそれほど雪が多いわけでは無いらしい。平地のデータだがアメダスの積雪深を見ると増毛や幌加内が道内ダントツだった。平地でトップなら山にはたっぷり雪があるにちがいない。ということで行き先は暑寒。今日はトレーニングがてらに箸別コースから登ってみた。箸別は夏に訪れたことも無い。4人とも初めてだった。D君に至っては暑寒別岳自体が初めてだった。北海道中さがしても「初めて登った暑寒が冬の箸別」という人はまずいないだろう。

PB233963

 今日は僕、タカ、シロ、D君のフルメンバーだった。3月のニペソツ以来だ。出だしは雨だし帰りは自動運転にならないフラットな林道。往復30kmのタフなルートだ。滑りが楽しめそうな上の方は特濃ホワイトアウト。せっかく良い雪が積もっているのに徐行。行く前から予想はついていたがハードな修行だった。しかしこんな山行に一緒に来てくれるのは彼らしかいない。

PB233973

 雪の量はたっぷりで、今日は笹やハイマツの上を歩かされることは無かった。今日明日の降雪でさらに雪は増えるだろう。暑寒別岳はしっかり冬山だ。それにしても箸別ルートは長い割に滑るところがあまりない。冬の記録を全く見ないのには理由があるわけだ。次は普通に暑寒コースで楽しもう。

PB234013

 下山後は定番の「セイコマイートイン」で暖かいご飯を食べて、岩尾温泉で温まり札幌へ帰ってきた。寒い思いをした後の温泉は最高だ。冬の温泉は夏の温泉の100倍気持ち良い。
 自宅から増毛まで2時間半。高速料金はかからないし峠も通らないので運転がらくちん。去年は天気の悪い日は羊蹄と決めていたが、今シーズンは増毛の山に積極的に足を運びたい。天狗岳、徳富岳、群馬岳など未踏の山もまだまだある。このエリアは人に会うことがほとんど無く静かな山が楽しめるのが良い。今日もクタクタに疲れたが楽しく身体を鍛えられた。みんなありがとう。

2017.11.19 (日)
前富良野岳
PB193804

 26時札幌発。タカの運転で原始ヶ原登山口へ。札幌市内はごんごん雪が降っていた。桂沢湖の道路は凍りついていた。平地は一晩であっという間に冬景色に変わっていた。

PB193809

 登り始めの林道はしっかり雪があり、板を担ぐことなく出発できた。が、登っても登っても雪が増えない。林道終点に着いてもヤブヤブなので雪が増えるまで笹とハイマツの上をせっせと登った。もっと積もっていると思ったんだがなあ。ガンガン降っているのは日本海側だけなのか。意外と羊蹄の方が快適だったりして。

PB190019

 雪は無いが天気は良い。予報ではガッツリ冬型とか1月並の寒気などと言われていたので、今日はかなりの覚悟で出てきたがゴーグルもガイドグローブも使わなかった。アイゼンも使わなかった。初冬からこんなのでいいのだろうか。
 視界一面に広がる絶望的なハイマツの群れを見て帰ろうかと思ったが、タカが帰ると言わない限り前進を続けた。どんなに遅くても脚を前に出していれば山頂に着く。タカも同様に僕が帰ると言えば帰るつもりだったようだ。前にもかなりの暴風雪の山でそんなことがあった気がする。

PB193832

 前富良野岳は今回で3回目となるが、前回も前々回も強烈な暴風雪だったので前富良野岳の姿を拝んだのは初めてだった。山頂は風が弱く穏やかだ。初冬の一発目がこんなに良いコンディションなんて信じられない。これで雪がたっぷりあれば文句無しのthe dayだったな。

PB193833

 下の方からガスが迫ってくる。予報どおり天気は午後まで持たなかった。

PB190066

 今シーズンの装備は去年からほとんど変更無し。タイツをジオラインLWからC3fitインスピレーションに変更したのと、STORMを新型に買い換えたくらいか。装備は完成している。今年は出費が少ないだろう。昨シーズンの終わりに調達した未使用のナノエアライトジャケットや新しいふかふかのR2ジャケット等があるが、勿体なくてまだ使っていない。5年目になるクタクタのR2ジャケットを今年もメインの中間着として使っている。

PB193870

 今日は尾根ピストンの予定だったが雪があまりにも少なかったので、ヤブがマシに見える隣の尾根から降りることにした。隣の尾根に近づいてみると沢にパウダーが溜まっていた。オイシイところだけ沢を滑ってあとは尾根から降りてきた。タカはオフのブランクがあってもスイスイ滑っていく。僕は滑り方を8割くらい忘れてしまったので慎重に降りてきた。

PB190058

 よく歩きよく登りそこそこ滑り天気も良い。まずまずのシーズンインだった。全身がじわっと疲れた。やはり山スキーの筋力はランやバイクだけでは鍛えられない。夏の間に力が落ちる。寒さにも弱くなっている。去年と同じ水準まで戻すにはもうしばらくかかる。コンディションは悪くてもせっせと山に通って、1~2月を絶好調で迎えられるよう訓練しておこう。

2017.11.04 (土)
高水三山
GR011806

 二日間しっかり歩いたので今日はまったり高水三山。再び青梅線に乗って軍畑(いくさばた)駅にやってきた。そういえば奥秩父縦走の計画を立て始めた頃は青梅のことを青海だと思っていた。実際に青海という場所が江東区にある。羽田から青梅への交通手段と所要時間を計算しているときに誤って青海へのルートを計算していて混乱した。

GR011808

 昨日は中野駅近くのあるゲストハウスに泊まった。素泊まり2,500円。受付が外国人で日本語があまり通じなかったが、特にこちらから話すことも無いのでなんとかなった。マットと寝袋があるので野宿でも構わないが、さすがに大都会東京での野宿は何が起こるかわからないのでちゃんと宿に泊まった。山より都会の方が怖い。

GR011810

 軍畑駅周辺はなかなかの冷え込みだった。日が昇る前は5度くらいだろうか。吐く息が白い。登り始めると太陽が高くなってきて丁度良い気温になった。登山道はよく整備されていて歩きやすい。3連休の真ん中なので大混雑しているかと思いきや、登山者はそれほど多くはなかった。立川から青梅線の始発に乗ったときは車内は登山者で埋め尽くされていてどうなることかと思ったが、みんな奥多摩駅まで行ったらしい。

GR011834

 本日の最高峰、岩茸石山 (793m)から。雲取山が見える。

GR011858

 下山後は御嶽駅の周辺を散策し、定番の「河辺駅を降りてすぐの梅の湯」で汗を流した。高水三山は都内とは思えない静けさで中々良かった。まったりのんびり歩くのもいいなあ。

2017.11.03 (金)
奥秩父縦走 2日目
GR011746

 いくら関東とはいえ11月に2,000m地点なら相当凍えるだろう。覚悟して小屋の外に出ると全然寒くなかった。札幌市内よりマシなんじゃないか。パンを一個頬張って水を飲み、深夜2時に小屋を出た。

GR011755

 甲武信ヶ岳を過ぎてようやく5時。ここまでもほとんどトラバースだったので景色が変わらない。たまに少しだけ開けた場所があるが、枝が邪魔で振り返っても前を見ても尾根がスッキリ見えない。標高は2,500m近くなってきたがまだ森林限界には到達しない。

GR011758

 1,500mくらいで森林限界になる北海道はなんて素敵なところなんだろうと再認識した。夜が明けてくると反対側から縦走してくる元気な人とちらほらスライドする。ここを歩いてくる人は大弛峠から登ってきた人だろうか。

GR011763

 目指す標高2,700mの金峰山。最も山頂に近い登山口である大弛峠の標高はなんと2,300mオーバー。舗装されているので自転車で来ることもできる。いつかは登ってみたい。こんな標高までロープウェーも使わず来れるなんてすごいことだ。

GR011772

 計画段階でこうなることはわかっていたが、大弛峠に到着した時刻は8時前。駐車場は溢れていてものすごい数の登山者が登っているようだった。うだうだしてもしょうがないのでテンションをあげていこう。前に登山者が見えたら遠くから大きな声で元気よく挨拶してガシガシ前に進んでいった。金峰山は早く通過したかったのでかなり上げ目に登った。昨日の疲れがやや残っているが今日も天気が良いので力が溢れる。

GR011774

 金峰山の頂上には立派な"五丈石"があった。先日敗退した地蔵岳のオベリスクのような難攻不落感は無く、簡単に登れそうだったのでトライしてみるとあっけなかった。足がかりやハーケンが打たれていた。降りるのも簡単だった。五丈石で遊んだあとはパンを食べて水を飲んで休憩し、今日の目的地である温泉を目指して進む。

GR011777

 奥多摩駅から金峰山までほとんどトラバースだったが、金峰山からの下山は気持ちの良い岩尾根で景色を満喫した。山の名前があまりわからないが楽しい。

GR011787

 富士見平小屋でうどんを食べたり昼寝をして大休憩をとった。計画ではここから瑞牆山をピストンするつもりだった。しかしあまりに多くの登山者が登っている。瑞牆山の尾根は狭くてスライドが難しい。しかも気温もぐんぐん上がってきた。僕にはこの条件で瑞牆山をピストンしてくる情熱は無かった。瑞牆山に登るのはやめた。もし登っていたらバスに間に合わなくなる可能性もあった。

GR011793

 富士見平小屋を出発するとすぐに駐車場となる。あとは温泉までジョグ。街まで走ることも考えたが距離が20km弱あるのでさすがに温泉からはバスを使うことにした。

GR011803

 増富温泉に到着したが今すぐバスに乗れば早く町に着きそうなので温泉には入らなかった。先日乗ったのと同じ韮崎-新宿の高速バスに乗り込み東京へ。予定では17:25に新宿に着く予定だったが連休の渋滞で新宿に着いたのは19時だった。東京の渋滞はハンパじゃなかった。こういうときはバスよりも電車を使ったほうが良いということを学んだ。

| 1/46PAGES | >>