//flickr Exif
2018.02.24 (土)
羊蹄山(喜茂別)
P2240053

 今日も元気に羊蹄へ。2時半にタカを拾っていつものセブンで朝食を買い、やまだひさしをBGMに安全運転で中山峠を超える。今日は初めての喜茂別コース。例年登山口付近は除雪されない。路駐みたいになるのが嫌なので今までずっと選択肢から外していた。しかし今年は喜茂別町が気を利かせてくれているようで登山口付近の歩道がゴッソリ綺麗に除雪されて停めやすくなった。感謝致します。

P2247199

 しかし僕らは喜茂別町にあまり還元していない。温泉は無いしメシ屋も全然利用しない。喜茂別町のよく利用する施設と言えば「あのセブン」くらいだろう。帰りに中山峠を超える前、コーヒーとおやつを買うくらいなもんだ。ごめんなさい喜茂別。

P2247196

 というわけで登山口前にクルマを停めて元気に出発。降雪は期待していなかったが昨日までのトレースは消えていた。雪は深く軽くも重くもない。タカと交代でせっせと回す。今週はお互い忙しくてトレーニング無しなので身体が重たい。やはり平日に怠けるとすぐに体力が落ちる。水曜日に15分だけでいいのでやっておけばよかった。いくら忙しくても15分くらい取れたはずだ。

P2247213

 天気は全く期待していなかったが間違って晴れた。そう、間違って晴れた。振り返ると太陽と畑が見える。自分の影が見える。目指す山頂に向かって山の輪郭が見える。登る脚に力が入る。

P2247231

 山頂は猛烈な西風が吹いていた。もし比羅夫から入れば1,000mあたりで撤退だろう。

P2247255

 岩陰に隠れてシールを剥がしてお楽しみタイム。山頂からパウダーが繋がっていた。喜茂別は京極のようにトラバースをする必要がない。上から下まですべて楽しめる。こんなに良いコースだったとは。もっと早く来ればよかった。

P2247352

 視界があるスキーってなんて楽しいんだろう。たまらぬ。

P2240300

 たまらぬち。

P2247366

 1,000mを過ぎるまで誰にも会わなくて驚いたが、そこから先は50人くらい登ってきて更に驚いた。大人気だな。大勢に踏み固められたおかげでトレースは高速道路になっていて登山口までノンストップだった。みんなありがとう。喜茂別コースの序盤は林道なので京極のようにトレースがふらつかない。今日は人に見られても恥ずかしくないラインを引けた。はず。

P2240329

 直近は3回連続ピークまで行けなかったが、あの3日間を吹き飛ばす最高の1日だった。

R3035331

 下山後はセカンドハウスへ。今日もタカシェフに鍋を作ってもらった。おいしゅうございました。キッズと全力で遊んだらもうぐったり。ラッセルよりキッズの相手の方が疲れる。きょうもよく働いた。

2018.02.22 (木)
【Manfrotto】PIXI
0209

 コンデジで自撮りをしたり集合写真を撮るなら世界最速の三脚「Velbon CUBE」が軽く小さく展開が早く高さもそれなりに出て最高に使い勝手が良い。しかし冬山でラフに扱えば壊れる。すでに2つ壊している(タカも1つ壊している)。なので次はもっと構造が単純で屈強なミニ三脚が欲しかった。というわけで今シーズンから店頭で適当に買ったManfrotto PIXIを使っている。これは頑丈で壊れる気配が無い。山頂に着いたらカメラを三脚にぐるぐる取り付け、地面にザクッと刺せばセッティング完了。何が良いって脚の先が尖っているのが素晴らしい。まさに氷や雪に刺してくれと言わんばかりの構造だ。一発で決まる。風にも強い。羊蹄で記念撮影をするときは毎回こんな感じ。三脚なのに脚を開かずダレイクトに氷にブスッである。
 しかしこういう使い方をするなら三脚である必要が無い。「頭にカメラを固定するネジがついている先の尖った棒」であればなんでも良いわけで。ペグの頭に雲台を悪魔合体させれば欲しいモノが出来上がるのでは。まあ大した重さではないので今後もPIXIを愛用していこう。弱点は高さが出ないこと。より高さの出る「PIXI EVO」もあるがこちらは伸縮するので耐久性は下がる。

2018.02.21 (水)
【K2】Pon2oon 169cm
P2237188

 久々に板の裏を確認するとソールもエッジもボロボロだった。全体的にこんな感じだ。基本パウダーしか滑らないのでソールの状態やエッジの切れ味が落ちていることを感じることがあんまり無い。羊蹄の上のほうがアイスバーンの時はエッジが鋭い方が滑りやすいのかもしれないが鈍感なのでよくわからん…。しかしこのまま使い続けるのは気持ち悪いし、さすがにちょっとかわいそうなので今シーズンが終わったらちゃんとチューンナップに出してあげたい。

P2237191

 2017-2018モデル早期予約受付の際に169cmのポンを確保しておいた。勿体なくてまだ開けていない。今年は雪が早くてヤブの間を縫って登る時期が無かった。降雪に恵まれて羊蹄ではたびたび激しいラッセルを強いられる。なので「短い板欲しい〜」と感じることがあまり無くて未開封のままになっていた。
 僕の身長(173cm)だと179cmのポンでジグを切るときは切り返した内側の足を「グッ」と前に出し、スキーのテール同士が干渉しないようよう気を付ける必要がある。169cmの板だとこの「グッ」が適当でもスキーのテールが干渉しないので楽ちんだ。山スキーの板の長さは身長を超えない方が良いらしい。それとフィットの後部座席にナナメに板を積む際も179cmだとギリギリだが169cmだと余裕があるので、179cmのポンが大破したらこの169cmを開封してより快適なスキーライフを送りたい。

 169cmは179cmより微妙にセンター幅が小さいのでもしかしたらVoileの130mmクトーが付くかもしれない。お店で試してみたところあと少しのところで入らなかった。クトーを万力で少し広げれば入りそうな気がする。169cmポンを出動させることになったら検討したい。Voileのクトー、好きです。

2018.02.20 (火)
【SWANS】[ROV]O
P2197187

 山スキーを始めたときに普通のゴーグルSWANSの[ROV]Oを購入したが全く出番が無い。山スキー1年目は天気の悪い日は山へ行かず、風雪が強くなればフードを深く被ってさっさと撤退。滑るときはいつもサングラスをかけていた。山スキー2年目になると良い雪を求めて多少の風雪でも山へ行くようになった。風雪が強いとサングラスはつらい。普通のゴーグルを付けても一瞬で曇る。ということでこの頃からRUSH-XED(地獄ゴーグル)を調達し毎回の山行で大活躍。もうこれ無しで冬山へ入るのは考えられない。ばんけいで修業し始めた頃も[ROV]Oを使ってみたが、スキー場でも結構な運動量で汗をかいて曇るので地獄ゴーグルのほうが快適だった。

P1316291

 ユルく冬山をやっていた頃はサングラスで十分なのでゴーグル不要、ハードにやり始めた頃にはRUSHがメインになったので[ROV]Oは買ってからずっと新品同様で押入れの中で待機だった。ところが今年からぼちぼち使っている。RUSHは最低限の視界を確実に確保するための造りなので視界は狭い。慣れればどうってことないがRUSHに慣れた状態で普通のゴーグルを使うと視界が広くてびっくりした。(間違って)晴れた羊蹄の滑りで使ってみたところかなり調子が良かった。[ROV]Oはレンズが浮いて換気ができることが売りだがこれは気休め程度で汗をかけばすぐに曇る。
 最近は間違って晴れた時に備えていつも[ROV]Oを持っていっていく。ザックの隙間を埋めるのに役立っている。間違って晴れろ!という思いを込めてお守りのように持っていくのだ。晴れた日の[ROV]Oは確かに快適だがそんな好条件の日はサングラスの方が快適だったりする。地獄ゴーグルとサングラスの間の子、普通ゴーグルの使いどころが難しすぎる。頑張って普通ゴーグルの良いところを探してみたが見た目くらいしか無かった。

2018.02.19 (月)
羊蹄山(京極敗退)
P2197177

 月曜半休で今日は京極から。昨晩からの降雪は15cmほどで京極登山口への運転は問題なかった。トレースは綺麗に消えていた。「木の左側」を通るようにまっすぐ歩いてひたすら標高を上げる。

P2197180

 降雪も風もなく穏やかな朝だった。下の方は晴れていた。こんな天気の下で森の中をペタペタ歩くのは楽しい。1,300mで尾根はシュカブラとなった。先日の南風のおかげで尾根の雪はすべて吹き飛ばされた。沢の様子を見に行ってみたが雪の状態は極めて悪い。カチカチの尾根を登って、カチカチの尾根を滑ってくるのは面白くないので今日はさっさと帰ることにした。

P2197183

 サクッと下山してまだ8時。中山峠を越えて自宅に帰り、下界の用事を済ませてから近所の銭湯、江別湯の花で汗を流して午後から優雅に出勤した。長い一日だった。この休みの使い方は時間効率がとても良いがめちゃくちゃ疲れる。おかげで今日は20時にはグッタリだった。

2018.02.18 (日)
羊蹄山(比羅夫敗退)
P2187148

 昨晩は同泊者の方々と楽しくおしゃべりしていたら結構遅い時間になってしまい早起きできず。夜は風が強く、昼にかけて弱まる予報なので出発を遅らせるつもりでいた。問題は登り口だが、朝から運転する気力が無かったので久々に小屋スタートとした。降雪は20cmくらいか。軽い雪が積もっていた。

P2187152

 静かな森をせっせとラッセルして高度を上げたら適当なところで尾根に取り付いた。中々の風だ。1,100mの時点で風速は15~20m/sは出ていた。風下に避けるも昨日と同じような雪質で気持ち悪い。固い尾根を歩いてピークまで行くモチベーションが全然上がらないので1,100mで帰ることにした。

P2187158

 帰りの滑りはまあまあ気持ち良かった。森の中をするする流すのは割と楽しい。

P2187162

 下山しても温泉がまだやっていないので道具を片付けたりキッズの相手をして時間を潰した。山登りよりこっちの方が疲れる。

P2187163

 遅めの朝食を食べていると「なんでいっつもスパゲティばっかり食べてんの?野菜も食べなきゃだめだよー」と叱られた。勘弁してほしい。

GR012584

 2月も下旬。春が近づいている。この時期の羊蹄は難しい。気温が低くふわっふわのパウダーがドカンドカン降り積もり、何も考えずにガシガシ登れた12月1月は簡単だったのかもしれない。

GR012585

 良い雪か良い天気の山登りがしたい。

2018.02.17 (土)
羊蹄山(京極敗退)
P2177142

 風も強いし雪も降る日は安定の京極へ。尾根は固くなりそうなので頃合いを見て沢に入り順調に高度を上げてゆく。1,400mから先は要注意だが今日は先週よりマシだった。せっせと1,550mまで登り沢型を抜けたあたりで前を歩いていたタカが足を止めて前を指差した。厚さ15cmくらいの表層が音も立てずにスーッと落ちていった。こりゃあかんな、帰えるかみたいな話をしていたら僕らの上にある雪が滑ってきてあっという間に80m下までワープした。ウィペットが一本流されたがそれ以外の装備と身体は無事だった。
 タカはどこまで流されたかわからないがまあ大丈夫だろう。僕らははぐれたらお互いあんまり探したりせずにクルマで合流すると決めている。が、念のため尾根を少し登ってみると既にシールを剥がして帰る準備をしているタカがいた。さすがだ。迷いがない。シールを剥がして固い尾根を下りる。雪が柔らかくなるとそこそこ快適だがやっぱりストックは2本あった方がいいなあ。

GR012582

 予定より早く下山したので京極セイコマでまったりした後温泉へ。なぜか僕もタカもウィペットを1本ずつ流した。タカは明日登らないのでタカのウィペットを1本借りた。ニコイチだ。ウィペットはどこも在庫切れだったが、幸い金沢オクトスが3本在庫していたので予備も含めて注文した。なぜ全国どこも品切れなのにここだけ3本もあるのか。やはり金沢だからか。

R3035318

 そしてセカンドハウスへ。元気が有り余るキッズの猛攻を躱すのは大変だぜ。これを毎日やってるお父さんお母さんを心の底から尊敬します。

2018.02.16 (金)
一足早い別れの季節

新年会ラッシュが終わったかと思いきや今度は送別会ラッシュです。今日は何年かぶりに同期入社の4人で飲みにきた。いや、僕は飲まないので食いに来た。レアなメンバーなので思いっきり飲んでテンションを上げたいところだったが、明日は山なので仕方がない。僕らももうじき入社8年目か。もう若手じゃないよなぁ。かといって中堅社員と言うほどでも。離れてもお互いぼちぼち頑張ろう。

早く着いたのでパタゴニアアウトレットのセールの様子を見に行ったが、別に買うものはなかった。しかしパタゴニア製品は高えなあ。セール中か海外通販でないと買えん。

2018.02.15 (木)
新しい板欲しいと思ったけどPon2oonが最高だった話
P1316284

 朝練ジョグ40分と補強ガッチリ。今週は火曜日まで山に行けて幸せだった。明日を乗り切れば週末が来る。だいぶ山スキーの身体が仕上がってきたようで例年のように腸腰筋がボコッと発達してきた。ズボンがきつい。今が脚力のピークだろうか。これからは降雪は落ち着いてラッセル負荷が下がっていき、じわじわと春夏の身体、ランとバイクの身体に戻っていくだろう。
 最近羊蹄一往復では物足りなくて時間も余るので二往復するか真剣に考えていたが、一度麓まで滑り降りてからシールを貼って再びピークへ行くのはダルすぎてやる気が出ない。タカ先生も嫌だと言っているし。いつも「大きな地殻変動が起きて羊蹄の標高が2,500mくらいにならないかなあ」なんて話している。
 そこで負荷を上げる方法として「羊蹄専用の滑り重視の板」を用意しようか悩んでいる。Pon2oonは2018-2019も販売されるので189cmの板を調達するか。より太く重く、センター136のK2 Powabunga, 140のLiberty GENOMEやDPS Spoon150だと先日のようなハイパーパウダーをもっと楽しめるだろうか。ビンディングも片足400g弱のTLT SPEED TURN 2.0でなく片足1kg近いMARKER DUKEを載せればトレーニングもできて滑りの安定性も上がるだろうか。なんていう妄想をしている。ここ最近新しい装備を買っていないので無駄に買い物をしようとしている。いかんなあ。板をいっぱい持っていても身体は一つしかない。出番が少なくてもシールの糊をはじめ道具は時間が経つと劣化する。やっぱり冬用の板は一本にしておくべきだよなあ。最近様々なメーカーの板を見ているが、どれもテールが反っているのが残念。テールがシュッとしているPon2oonは取り回しが良い。なんだかんだ言ってやっぱりPon2oonが最高だ。羊蹄をはじめ通常の山ではDUKEを載せて、決戦の時だけTLTに乗せ替えるというのはどうだろう。インビス化ってやつ。いや、絶対にめんどくさくてやらなくなるわ。買わん。板は買わんぞ。負荷が足りないなら下山後に筋トレすればええねん。

2018.02.14 (水)
【GARMIN】Tempe
GR012581

 eTrexやGPSMAP, FenixやForerunnerなどGARMINデバイスに温度データを送ってくれる無線温度計。それがTempeだ。ここ最近のGARMINデバイスはどれもTempeに対応しているが、ひと昔前のモデルは非対応なので対応機種はあらかじめ確認しておいたほうがよい。電源スイッチの類は無くボタン電池を入れれば延々とAnt+で温度データを送り続ける。2016年末に購入して1年以上経つが電池は切れない。カタログ上は1年もつ。風雪強い冬山へ連れていってもキチンと動作してくれて頼もしい。気温がわかると「出発時から-25度だってー」とか「なんか暖かいと思ったらプラスじゃねーか」といった話のネタになるので楽しい。ザックの側面に丁度良いベルトがついていたのでそこにくくりつけている。

 カタログスペック上は-20度までとなっているが、GPSMAP64Sではしっかり-20度以下も表示される。しかし保存したGPXファイルを後から見てみると-20度未満は"70"として記録される。GPSMAP64Sで-20度未満を表示できているので温度計自体は動作しているがGPXMAP64Sのファームウェア側の謎仕様でGPXファイルに保存するときは70となってしまう。せめて-20で記録してほしい。
 グラフは月曜日に一人で京極面を登ったときのGPXログ。青が標高で赤が気温。1,500m地点で-20度を下回っている。この日は中々の寒さだった。残念なことにGPXログはそれ以降は70と記録されてしまっているので-20に書き直して描画した。この傾きでざっくり予測すると1,898mの気温は-30度近かったのかもしれない。先に書いた通り温度計自体は-20度未満もしっかり計測できていてGPSMA64S側も受信できている。問題はGPXファイルに記録するときに-20未満を70に丸める謎仕様だ。これは明らかにバグなので修正してほしいとGARMINに要望を出したが受け入れられるかどうかは微妙だ。

| 1/237PAGES | >>