2018.11.20 (火)
JTS
GR031986

 夜練ランはジョグ10km. 4:20/kmで。その後はいつものスクワット・ランジ・カーフレイズでガッチリ追い込んで脚を使い切った。水木でしっかり回復させて金曜から満タンで行こう。

GR031984

 今週は伊賀の湯が整備休館中なので別の銭湯へ行こう。伊賀のメインストリートから少し入った市街地の中にポツンとあるジャパニーズトラディショナル銭湯へやってきた。怪しいネオンが光る。駐車場がめちゃくちゃ狭くて大変だった。伊賀の湯が復活したらもう来ないだろう。銭湯の方はというと400円とリーズナブル。玄関から男女に分かれていて、真ん中におばちゃんが座っていて、脱衣場にはデカい鏡があって、浴場にはケロヨンの桶といくつかの浴槽と、壁にはタイルの富士山。まさに絵に描いたような銭湯。E・ホンダステージかよ。サウナは無いがこういうところも結構好きだ。駐車場問題さえ無ければまた訪れたいが。
 札幌にも良い銭湯があった。手稲「笑福の湯」だ。江別から反対方向なのでなかなか行く機会は無かったが、笑福の湯のグラグラに沸いたアツアツの風呂は好きだった。熱すぎる風呂は身体に良くは無いが身体の芯までじわじわ温まるあの湯が好きだった。この辺にも無いものか、激アツ銭湯。そういえば5月に行った熊の湯も大して熱くなかったな。熱い湯に耐えられるようになってきた、熱い湯じゃないと満足できないということはもうおっさんなんだな。

2018.11.19 (月)
職場の筋トレ

 今日は完全休養。バイクシーズンならビワイチなんて朝飯前だが日頃乗っていないとたまに180km乗っただけで全身じわっと痛い。特に首の後ろから背中。琵琶湖はほぼ平坦なので常に下ハン握ってエアロポジション。この体勢を維持する筋肉は毎日意識して鍛えていないとすぐに弱くなってしまうようだ。下ハンとそっくりな体勢を維持するスタティックトレーニングがある。プランクだ。札幌で働いていた頃は昼休みや夕方にストレッチしたりプランクしたり懸垂したりディップスしたりと自由にやっていた。こっちはそういう雰囲気ではないので出来ないでいる。そもそも場所が無い。札幌の職場はそういう場所が充実していて良かった。

 金曜日は勤労感謝の日だ。祝日は基本仕事だが勤労感謝の日はちゃんと休めるらしい。基準がよくわからん。というわけで今週は4日働けば終わりだ。頑張ろう。天気はどうだろうか。木曜夜移動するとしたら水曜夜には全ての準備を終えておかなければならない。今週も仕込みに忙しい。天気は直前まで読めない。どんなアクティビティにも対応できるようしっかり準備をしておこう。

2018.11.18 (日)
白山(加賀禅定道-楽々新道)
GR031832

 ガンさんと待ち合わせのハライ谷登山口で車中泊。外気温は9度くらいだろうか。化繊の寝袋と毛布1枚で超快適だった。このくらいが車中泊の適温だろうか。これより寒くなってくると化繊では厳しくてダウンの出番になってくる。今日はフライング無し。あんまり早く出ると百四畳滝ビューポイントで真っ暗ということになりかねないので遅めの2時半出発だった。優しい。

GR031833

 2時半出発とは言え日の出まで4時間あるので楽ではない。6月の白山釈迦岳以来。5ヶ月ぶりに会ったガンさんと色々な話をしながらのんびり高度を上げてゆく。さすがに4時間の暗闇は長かった。単独は辛いだろう。

GR031849

 10月末にドカンと降って以来しばらく雪は降っていない。今日は短靴で来たが特に問題無かった。足がひんやり冷たくなってきた頃に太陽登場。その後足はなんともなかった。太陽の力は偉大だ。

GR031888

 今日歩いた白山加賀禅定道は4月にカタヤさんと一緒に来ている。あの時の加賀禅はカチカチでしんどかった…。必死だったので景色は全然覚えていない。と思いきや夏道を歩いていると「こんなところあったなー」とか「ここは雪が無いとこんな風になっているのか」と蘇ってくる。来年はもう少し上手くなって春の加賀禅を楽しみたい。

GR031921

 花はとっくに終わっているし木の葉も落ちきった。雪もパラッとしか残っていなくて寂しい。だがこの冬直前の景色が寂しくも美しい。

IMG_8831

 今日は御前峰まで行かず2,500mの七倉山を折り返し帰りは楽々新道を下りて帰ってきた。楽々新道は文字通り嫌な登り返しはなく登山道も広くて本当に楽々だった。下山後はガンさんおすすめのくろゆり荘で汗を流した。今日が今年最後の営業日。僕らは最後の食事客だったので最後の蕎麦を頂いた。この辺の旅館は冬になると雪に閉ざされる。除雪はスキー場までしかされないという。くろゆり荘、一度泊まってみたい。実は自宅から一番近い白山の登山口は市野瀬ではなく石徹白である。石徹白を出発して別山-白山-好きな北部登山道-くろゆり荘白。翌日はくろゆり荘発-好きな北部登山道-白山-別山-石徹白というのを来年やろうと思っている。

 今回のヤマレコもガンさんが帰宅後にスパッと書き上げてくれた。それもしっかりした内容で。いよっ仕事の早い男!!ステキ!!ガンさんと一緒に行くと記録を書かなくていいから超楽ちんです。助かります。ありがとうございました。次は山スキーで。来週…も降らなそうだな。再来週かあ。

2018.11.17 (土)
試練の雨琵琶
GR031815

 土曜日はじゃぶじゃぶ雨が降る予定だったがいつの間にか曇り予報に変わっていた。山の雪は全く増えずスキーはまだできない。土曜は映画でも見てのんびり過ごし日曜は思いっきりダイトレでも行くかと思っていたところガンさんから日曜白山のお誘いが来た。よっしゃ、日曜白山なら土曜琵琶湖だろう。というわけで金曜は仕事が終わったらサクッと夜練をしてガーッと山と自転車の準備をした。めちゃめちゃやることが沢山あったが集中してやったので22時には寝ることができた。

GR031816

 朝が来るのが遅すぎる。夏は4時前に出発すればすぐに明るくなったのに今朝は6時半まで暗かった。あまり早くに出発しても苦しいだけなので日の出に合わせて6時出発。身体が温まってきた頃に朝が来た。気温は13度。ひんやりしている。長袖短パンで出てきたらちょうどよかった。

GR031819

 天気が良かったのは彦根まで。60kmセブンでおにぎりを食べると雨が降り出した。湖北の気温は9度を指していた。寒い、冷たい。秋の雨はヤバい。雨予報では無かったのでカッパを持ってきていない。スカスカの長袖は雨でびっしょり。冷たい空気でさらに冷える。寒い。心臓が止まりそうなので出力を上げて体温を上げるしかないが、速度が上がれば風も冷たい。上げるも地獄、緩めるも地獄なので一刻も早くこの地獄を終わらせるために上げ目に漕いできた。
 150kmの琵琶湖大橋手前あたりで雨から解放された。久々に厳しいサイクリングだった。基点の矢橋帰帆島に戻ったら自転車を掃除して草津水春で冷えた身体を温めた。やっと寒くなってきたので露天風呂が気持ち良い。

GR031822

 一眠りしたら白山方面へ移動。多賀のスタバで飲み物を補給してのんびりドライブ。天気は回復していた。空は晴れてカラッとした空気が気持ち良い。ようやくドライブも快適な気温になってきて嬉しい。

GR031826

 昼ごはんを食べていなかったので勝山の8番らーめんで晩ごはんとした。前回来た時に無かったメニューがある。「野菜らーめん 麺なし」だ。何を言っているかわからないと思うが需要があるようだ。これ注文しようか迷ったが麺なしは麺ハーフと値段が変わらない。いくら糖質セイゲニストとは言えさすがに麺ハーフ頼むわ。というわけで麺ハーフの野菜らーめん(野菜増し)の塩を美味しくいただいた。野菜増しは元気になる。8番らーめんはこれで決まりか。
 スープの味が濃い。麺と野菜を食べ終わった後は飲み水をじゃばーっとスープに入れると温度が下がって飲みやすくなり、且つ味もちょうどよくなるので良い感じ。そういや吉野家で豚汁を頼む時も水で薄めている。世の中の汁物は味が濃すぎです。もし一緒に来た人に「貧乏くさいから止めろ」とか言われてもこれはやめられない。

2018.11.16 (金)
L3
GR031810

 夜練ランはジョグ12km. 4:20/kmで。今日はあんまり走っている人がいなくて張り合いが無かったので淡々と自分のペースを刻んだ。それにしても暑い。10月末に寒気が入った時の方が寒かったんじゃないか。今日も夜なのに13度もあって余裕の短パン半袖。汗だく。さらにサウナ水風呂でいい汗かいて帰宅。今日もよく働きよく運動した良い平日だった。毎日こんなふうに過ごしていきたい。

 ログをちゃんと見てみると今日はなかなかペースも心拍数もフラットでイイ感じのジョグだった。とは言ってもこのくらいの負荷で気持ちよく走っていても減量効果はあるが速くはならない。平均心拍数はHR155bpmだった。そういえば最近心拍数と負荷ゾーンの関係がよくわからなくなってきた。自宅で3本ローラーばかりやっていた頃は心拍ゾーンを気にしていたが最近は結構適当なので忘れてしまった。

 というわけで今一度自分の年齢と最大心拍数をきちんと計算してみるとこうなった。HR155bpmではSSTに届かずテンポ走という扱いになる。SSTはL4の入り口くらいなのでHR160bpmで流し続けないと強くはならない。十分減量していないうちに高負荷のランをやると脚をぶっ壊すので、当面はそこそこのペースでそこそこの距離を頑張ろう。もうちょい体重が減ったらSST(要するにHR160bpmで1時間走る)やヤッソ800を復帰したい。

2018.11.15 (木)
Beautiful Day

 福山雅治「福のラジオ」を熱心に聞くようになったのはいつからだったか定かではない。多分タカと山へ行くようになってからだと思う。ということは3年前からだろうか。タカのクルマはAIR-G'と決まっている。よほど気合の入ったロングアタックでない限り大体僕らの山行は昼前に下山している。下山してご飯食べて風呂入って、帰路へ向かってクルマを走らせている14時。この時間の土曜日は福山雅治が、日曜日は山下達郎が喋っている。そんなわけでなんとなく毎回聞いていた福のラジオがだんだん面白くなってきて自分一人でクルマを運転しているときも「お、そろそろ土曜14時だ」と気づけばラジオを合わせるようになった。リアルタイムで聞けない時はradikoで聞くようにしている。radikoで聞くようになってから聞き逃しは一度も無い。土日のどちらかは必ずクルマを運転するし、クルマを使わない週末も電車移動や移動時間に必ず聞いている。

 今年の7月14日に放送された”コーポの女 川柳”のコーナーで詠まれた「元カレの カブトムシを 野に放つ」が秀逸すぎて忘れられない。ここ5年間で一番笑ったんじゃないだろうか。しかも運転中の車内で一人で。「別れた彼が置いていったカブトムシの幼虫(23匹)が蛹となって先日孵化したので、自転車のカゴに乗せて近くの公園に全て放ってきた」という普通の(?)内容だが手紙の言い回しが詩的で、ツボに入ってしまった福山雅治と今浪さんの掛け合いが傑作だった。カブトムシをすべて野に放ち、青空の下、スッキリした気持ちで自転車を漕いで家に帰る。この時のBGMはBeautifl Dayしかねーな、と福山雅治が言っていた。この回からずーっとBeautiful Dayのイントロを聞いただけでこのエピソードがフラッシュバックする。Beautiful Dayは毎回ラジオのエンディングで掛かるのでタチが悪い。

 何の話をしたかったんだっけ。そんなわけで取り立てて福山雅治のファンではないが毎週ラジオは聞いていて楽曲も結構覚えてきた。それまでは地上波のウォーターボーイズのオープニングだった虹くらいしか知らなかった。虹は良い曲だ。年末の男性限定ライブは確実にチケットが取れるらしい。男達で虹を合唱したり熱いらしい。マジで行きたいが年末は忙しくて行けない…。男性限定ライブじゃなくても一度くらいは福山雅治のライブに行ってみたい。

2018.11.14 (水)
冬支度

 夕練ランはジョグ10km. 4:20/kmで。身体は重いが重いなりにもがいて走る。心拍計を付けていたのに有効にするのを忘れていた。ジョグの後はがっちり補強。ランジとスクワットで大腿と裏モモを追い込んだ。そろそろ山スキーが始まる。雪を蹴散らすためにランでは鍛えられない大きい筋肉を目覚めさせておかないと。僕からラッセル性能を取り上げたら只のお荷物だからな。
 競技場の周りには誰かしら走っている人がいる。「抜かした人に抜かされてはならない」というマイルールがあるので最後までタレずに走れるのが良い。もう平日は毎日競技場周回でいいんじゃないか、と思うが伊賀の湯は一回700円くらいするので毎日伊賀の湯へ行くのはお財布に優しくない。かといって風呂に入らず走るためだけに競技場まで行くのはなあ。江別湯の花は400円と破格だった。北海道は銭湯が安くて素晴らしい。

GR012150

 暑すぎず寒すぎず。涼しくて快適なので走るのがとても楽しい。身体に溜まった毒が汗と呼気から抜けていく。息を吸って筋肉を動かしている間だけは難しいことを何も考えなくてよい。頭を空にできて脳をデフラグしているみたいだ。平日の有酸素系トレーニングも週末の山登りと同じで僕にとって生きるために必要な時間なのだろう。再来週あたりからいよいよ冬山が始まるだろうか。ああ、思いっきり山へ行きたい。クッタクタのボロボロのぐちゃぐちゃになるような完全燃焼系山行を。「しばらく山はいいかな」って思えるくらいの熱い山行を。今シーズンこそ一度はやりたい。人生三大キツかった山行と言えばニペウペ、ニペ西、増毛山塊だろうか。あの感動を超える山を、もう一度。

2018.11.13 (火)
お湯

 練習できず。今日も夜に競技場へ行こうと思っていたのに特急が入って帰れなかった。夜に予定を組むのはダメなのか。夜は潰れるものとして練習は朝にするべきか。
 最近職場で白湯というとかっこいいが要するに一度沸騰させたお湯を飲んでいる。自分はカフェインにすこぶる弱いということがわかって以来、カフェインレスのコーヒーや紅茶、緑茶を飲み始めた。それが先々月。お湯は自宅で沸かして1.5Lの水筒に入れて持っていっている(給湯室が無いので)。で、先日職場のお茶を切らしてしまったので仕方なくお湯だけ飲んでいたら「もうこれでいいか」ということになった。休憩中に飲む飲み物は色々冒険してきた。スポーツドリンク、味噌汁、こだわりコーヒー、お茶、紅茶、クエン酸。最後に行き着いたのは最もシンプルなソフトドリンク、お湯。一度沸騰させたお湯は雑味が無く、甘い。こういうシンプルなものだけを口にして生きていきたい。

2018.11.12 (月)
コメダルート
GR031806

 夕練ランはジョグ10km. 4:40/kmで。先週もロクに練習していないので身体が重たい。タールの中を走っているようだった。比喩表現ではなくホントに重たいのではないか。帰りに伊賀の湯で体重を計ったら63.0kgだった。増えている。残業が続くとつい我慢できずにおやつを食べてしまうのが良くない。やめよう、おやつ。今日は定時上がりだったので夕練-伊賀の湯-コメダのルートで溜まっていた日記を書いた。グラタンめっちゃ美味い。11月に入れば仕事の忙しさから解放されると思っていたがそんなことは無く、この忙しさは年内いっぱい続くらしい。まあ仕事がいっぱいあるっていうのはありがたいことじゃないか。明日も頑張ろう。

2018.11.11 (日)
バナナとワニと睡蓮と海
IMGP0547

 B級(?)観光スポット、熱川バナナワニ園へやってきた。バナナ分は少ないがワニがすげーいっぱい居る。ワニ、全然動かない。

IMGP0576

 全然動かないワニを見るのもそれはそれで楽しいが熱川バナナワニ園は熱帯植物園が充実していて植物園の滞在時間の方が長かった。

IMGP0640

 スイレンが美しい。ちゃんと見たのは初めてだった。北海道では自生していないのでは。調べてみると大沼公園や札幌市内の池にポツポツ咲いているようだ。

IMGP0677

 Exifを見ておわかりの通りK-3IIです。HD DA16-85のキレ味が凄まじい。何を撮っても楽しい。

IMGP0649

 楽しいんだけど色々と問題がある。詳細は後ほど。

GR031788

 その後は4年前にも訪れた”かどや”でわさび丼をリピートした。なぜかわさびの写真はあるのに丼の写真が無い。わさび丼はやっぱり鼻にきた。わさびも唐辛子も辛いと表現するが、わさびは舌に残らず鼻にくる。外国人がわさびを食べるとどういう反応をするのだろうか。スパイシーとは違う気がする。

IMGP0742

 その後は大滝を見たり

GR031797

 伊豆半島の南端まで行ってみた。その後は伊賀まで300kmオーバーのドライブ。今日はめちゃくちゃ運転した。フィットの走行距離が150,000kmを超えた。来月は車検か。もう2回車検を通して300,000kmを超えたら買い換えよう。それまで頑張れ。頑張ってくれ。

| 1/261PAGES | >>